大竹伸朗「全景」@ 東京都現代美術館

大竹伸朗「全景」@ 東京都現代美術館
2006/12/24
東京都現代美術館

最終日。朝一で新幹線に乗り、午前11時前に都現美に到着。実はこの時点では昼過ぎに全景展を見終えて、午後からは他の展覧会に行くつもりだったのだが、まさか閉館時間までいることになるとは思わなかった。午前中ということもあり、人影はまばら(ただし午後からは予想以上に混雑した)。さて、見ようか…と思って会場に足を踏み入れると、いきなり地下から響く轟音。速攻で音の発生源(遠隔演奏ノイズバンド: ダブ平&ニューシャネル)へ向かう。

ダブ平一回目:
ダブ平の奏でるノイズに、ブース内にて大竹がギターを重ねるという構成。シンプルながら鋭利な内容。アンプを倒してエフェクターで音色操作を行う共演者も加わる。ノイズ好きとしてはこの日見た中で、このセットが一番格好良かった。混沌としたノイズにハーシュなギターが非常に合っていた。ダブ平に楽器演奏者が入ると、どうにもミュージシャン的要素が高くなってしまって、個人的には好みじゃなくなる。大竹伸朗の作風にはやはりハナタラシ的初期衝動がよく似合うと思えるので、スカムでノイズに近い形式の方が好み(そう言う意味で、先日行われたらしい山塚アイとダブ平の共演は見ておきたかった)。

ダブ平の演奏が終わった後に、少しだけDJ景(大竹らが一日中DJを行うイベント)の方も覗く。その後、ショップでTシャツを買ってから、いよいよ覚悟を決めて一気に三階から地下まで展覧会を見る。以下、メモ的に。

・大竹の偏執狂的に多彩な手法と圧倒的な作品量は、彼の芸術家人生自体が混乱しているかの様相で、それ自体が魅力的に映る。
・日本景あたりからコラージュの断片に目が向かい過ぎてしまい、キッチュさやポップさに傾倒しすぎた感がする。
・特に山塚アイとの共作は、山塚の作品が徹底してキッチュかつポップであることから、その傾倒が顕著に現れていて評価出来ない。ただし音楽の共作は面白い。

とまあ、とても思うところの多い圧倒的物量の展覧会であった。DJ景の方を再度見に行くと、だらだらと歌謡曲をかけながら大竹は湯浅学らと歌謡曲についてトークをしていた。しかし途中でトークを切り上げて、大竹がダブ平に向かったので、観客もそちらへ向かう。

ダブ平二回目:
憶えていないが数セット演奏。ブース内の大竹は卓とギターを担当し、さらにギター演奏者が二人加わる(どうやら一人は、大竹のやっていたノイズバンド「Juke/19」のメンバーだった人らしい。もう一人は一回目の時の人)。まず、ダブ平による駆動音のようなギターのパルスとノイズに、大竹らのギターが乗る、所謂クラウトロック的な混沌サイケ。これはとても楽しめた。次にギター演奏者と大竹(が操作するダブ平)のセッション的な内容。かなり音楽的でミュージシャン的要素が高く、個人的にはもうひとつだった。どうも演奏テクニック溢れる音楽はダブ平に合わない気がする。他にもう一セットやった気がするが失念。終了後、すぐに内橋が準備に入る。

ダブ平三回目:
引き続き内橋和久のダクソフォン&ギターとの共演。ハンス・ライヒェルが来日した時以来、内橋のライブを見ていないので、彼の演奏を見るのは10年振りくらい。感想としては内橋は素晴らしいインプロヴァイザーだし、その活動は高く評価したいが、正直ダブ平のローファイでチープなノイズには合わないんじゃないだろうかと思った。ダクソフォンの奇怪でありながら美しい音も、エフェクターを多用したギターインプロも、やっぱり余りに音楽的過ぎる。音楽としてはいい内容だとは思うのだが。

そのまま大竹はDJ景の方に戻り、飛び入りゲストの小説家の方と湯浅学との三人でトーク。終始和やかで、大竹の人柄のよく出た発言も聞けてとても良かった。以下心に残った発言メモ(うろ憶えです)。

・「そっちに行ったら大変だろうけど、絶対そっちのほうが人生面白い」と思える方に行くべき。自分の場合も大変だったけど、嫌な思い出なんてない。ゲームのように客観的に自分を見るように。
・議論も大切なんだけど、絵描きなら理解したことを描かなければならない。いい展覧会を見ると、早く帰って絵を描かなければ、という気分になる。

トークがお開きになった後、しばらくして、またダブ平四回目の演奏開始。

ダブ平四回目:
後ろの方にいたので編成はよく分からなかったが、これも比較的音楽っぽいギター中心の大人しい感じの演奏。ぶらぶらと館内を歩き、作品を見ながら聴いた。

最後に網膜シリーズを再度見てから、会場を出る。もう午後6時なので、「帰ろうかどうしようか、でも最後にまたダブ平が演奏するだろうしな」と迷いながら軽い気持ちで美術図書室に入る。すると別件で探していた資料をまとめて発見。全て複写してやろうと、まとめて書架から出してもらう。無駄が多いようにも思える複写手続きで時間をとられてしまったので、見るかどうか迷っていたダブ平最後の演奏は結局断念することに。ようやく複写が終わってみると丁度閉館の時間。遠くで鳴るノイズまみれのダブ平の演奏を聴きながら都現美を後にし、長い一日が終わった。

Advertisements