GENOCIDE ORGAN – Remember


(Tesco Organization/LP×2)

ブックレット付きの分厚いハードカバー仕様。背に箔押しされた文字が鈍く光る。内容は過去に各所で行なわれたライブ音源からのセレクト。この中央突破を試みるかのような高密度高圧力の勢いは尋常ではない。ささくれ立ちガリガリした感触のノイズと、EG的にインダストリアルな駆動音、そしてひび割れた叫びは強烈に聴く者を引きつける。しかもそこにはPolitical Correctness(政治的に正しい表現)とはほど遠い、デリケートな問題へダイレクトに踏み込んだテーマが多数搭載されている。
例えばI-2のサルバドール・アジェンデ(Salvador Allende)の演説を引用したと思われる「Patria y Libertad」は刃物のように強靭なパワエレである。しかし、ここにある憎悪をどのように解釈すればよいのか。アジェンデは、自由選挙によって選ばれたチリの社会主義政権(1970-1973)の大統領であった。アジェンデ政権はアメリカに支援されたピノチェト将軍による軍事クーデターにより、1973年に崩壊。アジェンデ自らも銃を手に最後まで抵抗したものの、殺害される(あるいは自殺)という非業の最期を遂げている(その際の軍事独裁政権の虐殺の犠牲者にはVictor Jaraも含まれる)。ここでGENOCIDE ORGANのスタンスが、どのようなものかを考えてみて欲しい。ただしII-1の「Hail Amerika」、II-4の「John Birch Society」というタイトルからもうかがえるように、コトはそれほど単純ではない。極め付けはIIII-3のゲシュタポ指揮官、クラウス・バルビー(Klaus Barbie)の名を冠したトラックに続いての、IIII-4のラストトラック「White Power Forces」であろう。これを文面そのままの極右的主張表明と解釈していいのか、ノイズの伝統に従った反社会的テーマの使用(あくまでシンボル/モチーフとして)による文化的撹拌行為(=モラルに対する文化的テロ)と解釈すべきなのか。
サウンドだけを取り出してみても、熱を帯びたスピーチやシュプレヒコール音源コラージュ、重厚なドローンや太鼓の上に乗るアジテーション、冷酷な駆動音に生々しい破砕音や金属音、インダストリアルなビートと絶叫による狂躁、捻り潰された歌声の残骸を更に蹂躙する持続ノイズなど、かつてのノイズ・インダストリアルの無軌道な鋭い凶暴性を引き継ぎつつも、冷静に構築された印象を受ける。即興的な展開は無く、全体として非常に計算されている。時には凄まじく凶暴でありながらも自己崩壊を巧妙に回避する理性も常に持ち合わせていると言えばよいのか。その理性が、彼らのテーマへの自覚的な姿勢を裏打ちしている。

Advertisements