SICKNESS, SLOGUN – American Violence


(Ninth Circle Music, Circle of Shit/CDR×2)

来日ツアー記念、メタルボックス入り2枚組CDR。ステッカーやバッジも多数封入。このサービス精神の過剰さとこだわりは嬉しい。Disc1は各ユニットの音源であり、SICKNESSはバキバキのカットアップハーシュ、SLOGUNは吹き荒れるノイズの中で、エコーがかけられた力強いアジテーションが響くという各々のスタイルを手堅く提示する。
しかし、この作品の目玉はDisc2のライブ音源であろう。私が大きな衝撃を受けた2003年の京都でのライブである。あの日のライブは音楽以上に異質な空気を纏っていたと感じられ、個人的に忘れられぬものであったのだが、彼らにとってもベストなライブであったということだろうか。ライン録音のようであり、会場の音は入っていない。また、各ユニットともにイントロとしてSEを事後的に加えている。

SICKNESS/Chris Goudreauのトラックは犯罪報道のナレーションらしきものを導入に用い、攻撃的に責め立てるカットアップハーシュへと雪崩れ込む。一方SLOGUN/John Balistreriのトラックは催眠的なノイズを導入として用いてライブへとつなぐ(ライブ時の冒頭の挨拶はカット)。唐突にジェット機の発する爆音のようなトランスハーシュがスタートし、ジョンは過剰なエフェクトを使用せず地声で怒鳴りつけ、アジる。このSLOGUNのライブには途中からChris Goudreauもアジに加わる(前方で観ていたので、眼前で指をさされて怒鳴られた)のだが、こうして録音されたものを聴きなおすと、初期衝動のみでやっていたのかと思いきや、意外とコンビネーションを考えてアジっていたのだなと感心する。またバックの直線的ノイズもアジに合わせて頻繁に変化を見せており、全く飽きさせない。

Advertisements