一柳慧, 横尾忠則 – 一柳慧作曲 オペラ横尾忠則を歌う


(BRIDGE/CD×4)

60年代という時代が産み落とした怪盤がとうとう再発。現代音楽家一柳慧とイラストレーター横尾忠則の若き日の共闘。異様に豪華なボックスに収まるCD4枚と大量の特典である(オリジナルはLP2枚)。
DISC1はまず子守唄と揺らめく電子音のなか浮かび上がる軍歌コラージュと、女風呂における湿気がこちらまで伝わってきそうな横尾と一柳による歌唱レッスンのドキュメント。当時風に言うならレコード盤上におけるハプニングか。DISC2は全編内田裕也&フラワーズのへヴィーサイケデリックロック。これが極めて格好良い。同時期のクラウトロックなど軽く凌駕する凄まじい内容であり、フリーキーなセッションから延々とリズムが刻まれ、その上をギターがうねる極上のサイケである。DISC3の1曲目も同じく内田裕也&フラワーズ。その後は講談とCMソングの奇天烈コラージュと、鐘の音などによる重厚なコンクレートが続く。DISC4はまず不明瞭な戦時下放送、歌謡、店舗への呼び込みの声などのコラージュから始まる。続いて片田舎の自然音フィールドレコーディングとラジオのチューニングノイズがまとわりつく「白鳥の湖」。そして全ての混沌は高倉健の歌う「横尾忠則讃歌」に収斂される…。
「テープコラージュ&サイケなロック&歌謡」とくれば本作(69年)の2年後に姿を現すFAUSTの「Faust」(71年)が連想される。しかし本作の一見奇天烈な音世界の奥底にはアカデミズムの厳格さが潜んでいる。フリークアウトな廃校生活から生み出されたFAUSTの拳骨とは全く別種。FAUSTのサウンドがフリークアウトな彼らの日常と直結していたのに対し、こちらはサイケデリックでありながらも醒めた視線を常に併せ持っている。一柳によるミュージックコンクレートの手捌きは音源の強烈な印象とは裏腹に緻密で計画的かつ執拗。毒気の強い60年代アングラ文化の濃縮された空気にやられ、クラクラしながら愉快な気分になっていても、常に誰かに醒めた視線で見つめられているような奇妙な感覚である。
60年代アングラ文化の担い手たちの多くは、そういえば結構なインテリでもあった。一柳にはアカデミックな世界では出来ないような奇天烈な作品を、異なるフィールドの作家とともに作りたいという欲求があったのかもしれない。そして横尾忠則という相棒を得ることでこの国宝級作品は生まれた。ブックレットにも収録された一柳&横尾対談の支離滅裂ぶりも爽快である(同じく収録された近年の対談とのギャップがまた凄い)。本作といい「クロストーク・インターメディア」といい大阪万博といい、このような前衛精神が社会的有効性を伴っていた熱気ある60年代が羨ましい。

Advertisements