「初期ビデオアート再考」を再考する

「初期ビデオアート再考」展は随分過去のものとなり、DVDカタログも大半が出回ったことで、ようやく一区切りがついたと最近実感している。そこで「初期ビデオアート再考」を再考してみたいと思う。
大筋で初期ビデオアートの重要な作家はほぼ全てを押さえられ、また悲願であったDVDパッケージ化も果たすことが出来たことには満足している。当初は私などでは相手にされないのではないかと思っていた作家の方からも快諾いただけたことは、本当に幸いであった。
しかし、人選については紆余曲折あり悔いが残る。本当なら60年代末の作家であれば坂本正治、CTG、70年代の作家であれば美術系の松本正司、堀浩哉、和田守弘ら、80年代の作家であれば斉藤信、島野義孝、寺井弘典、あとはRadical TV、そして伝え聞く限り興味深い作品を作っておられた柴田良二あたりも含めたかった。このように時間的金銭的問題から限られた作家数となってしまったことは、私の力不足に起因する。また数名の作家の方には、誠に失礼なことに出品キャンセルをお願いせねばならなかったことも悔やんでも悔やみきれない。
加えて80年代は自分の好きな作品ばかりを含めてしまったので、ビデオアート正史なるものがあるとすれば、逸脱の見られるものとなってしまったことは自覚している。本来であればもっと大きく取り上げるべき80年代ビデオアートの中心であったSCAN周辺の動向を、ほとんど取り上げることが出来なかったからである。ある程度ビデオアートに理解のある観客であれば、この展覧会が日本の初期ビデオアートをあるひとつの視点(ビデオというメディアの固有性)から解釈したものと容易に判断出来るはずだが、ビデオアートに通じていない観客からすれば、これが正史であり全てであるとの誤解を招く恐れがあったのではないかとも思えている。
そして何より反省しているのは、カタログ発行の遅延についてである。DVDのエディットと、カタログの編集とデザインのほとんど全てを個人でやっていたとは言え、ほぼ一年遅れの発刊となった自分の手際の悪さには弁解の余地もない。チャンスを与えて下さった方、ご協力を頂いた作家や執筆者の方には御心配ばかりおかけしてしまった。
このような反省点ばかりの「初期ビデオアート再考」展であったが、(メディアアート前史としての)ビデオアートの重要な作家や作品が現在殆ど顧みられていないという国内現代美術ジャーナリズムの状況、そしてビデオアート/メディアアートについて雑誌で書き散らかしている批評家の無知さに対して、声は小さくとも異議申し立てを行えたのであれば幸いに思う。(余談であるが、ロスのGetty CenterとMOCAにて開催された”OUT OF THE ORDINARY: NEW VIDEO FROM JAPAN/RADICAL COMMUNICATION: JAPANESE VIDEO ART,1968-1988″には、大変多くの観客が詰めかけたと聞いている。またオーストリアのINDEXスタッフなどはカタログ付属のDVDに驚嘆の返答をくれた。海外では日本の初期ビデオアートについての情報が欲しくとも、一部作家を除いては知ることすら出来ないのが今までの現状だったのである。国内のジャーナリズムや批評家の無知、あるいは無責任がこの現状を生み出して来たのだと私は考えている。)

Advertisements