GRIM – The Past Is Still In Current Use


(Drag & Drop Industrial/CD)

White Hospitalから分岐したユニットであるGrimのリリースした7EP、LP、12EPからの音源集(もうひとつの分岐ユニットがVasilisk)。80年代の日本においてここまでノイズ・インダストリアルを完成させたユニットが存在していたことは、その名前しか知らぬ不勉強な自分にとっては個人的に大きな驚きだった。デス・インダストリアル的な駆動音と、ノイズと同質化し崩壊したアジテーションヴォイスが荒れ狂う、現行欧州へヴィーエレクトロニクスを圧倒する高内容。パワーエレクトロニクスの攻撃的な部分が延々と拡大されているような暴力性。しかもただ暴力的なだけではなく、曲によっては憂鬱な旋律が密かに混入されているところも、全くもって素晴らしい。マーシャル・インダストリアル〜ブラックメタル系アンビエントに通じるシンセ曲も有り。さらには儚いアシッドフォーク曲まで手掛けており、その間口の広さにも驚かされる。これがまたShadoksから発掘されてもおかしくない美しい旋律。底が見えないどころではない…一体このユニットは何なのだろうか。手放しで絶賛したい驚異的な一枚。

Advertisements