MALVEILLANCE – Just Fuck Off


(Suffering Jesus Productions/CD)

D-beatで突っ走る、カナダのブラック・ハードコアパンク。遂にここまで変種のブラックメタルが出てきた(何だかカナダはAkitsaといい、変わり種が多いような気がする)。音だけ聴いてると、もうブラックメタルなのかどうかなんて、大した問題ではなく思えてくる。個人的には男臭いメロディのあるハードコア等も好きなのではあるが、これはこれで格好良い。ガナり声をあげるヴォーカルも音楽スタイルにはまっている。このようなハードコアとブラックメタルの相互影響には関心が湧くし、こういうのを聴いていると、Anti-Cimexを始めとする80年代スウェーデンのハードコアが後の北欧ブラックメタルに与えた影響は、やはりあったのだろうかと考えてしまう。ハードコアは門外漢なので断定出来ないのだが、あり得る話だ…。

Advertisements