Jim O’rourke – Rules Of Reduction


(Metamkine/3’CD)

フランスの、実験映画とも深い関係のあるメタムキンからリリースされた3’CD。メタムキンの「耳のための映画シリーズ」の一枚。93年の作品。街の雑踏、車のクラクション、公園で遊ぶ子供達の声、様々なフィールドレコーディング音源が場面転換のように切り替わりながらコラージュされてゆく。その手さばきはあくまで映画的で、ラッシュ編作業のようでもある。実際のフィールド音に加えて、BGMとしての映画音楽的な演奏が付け加えられており、多くの場面で何らかの音楽の断片が流れている。音と映像の関係について考察し、劇映画の範疇でそれを展開させたゴダールのように(例えば「右側に気をつけろ」)、ミュージック・コンクレート作品でもありながら、架空の映画のサントラでもあるという鋭いコンセプトを、音楽の側から突き付けた批評的な作品。

Advertisements