PAINKILLER – Collected Works


(Tzadik/CD×4)

節度ある大人なフリージャズ/フリーインプロ愛好家ならまずジャケットに、次いで内容に二度顔をしかめるであろう首吊り死体ジャケットに包まれた集大成4枚組(Box内には1stアルバムの検死ジャケットをはじめとした悪趣味なアートワークも収められている。)。
1st「Guts Of A Virgin」、2nd「Buried Secrets」が収録されたDisc 0、およびDisc 1「Execution Ground」はビル・ラズウェルのダブなベースに支えられ、高音域でフリーキーに暴れるジョン・ゾーンのアルトサックスにミック・ハリスのハードコアなドラムが容赦なく襲い掛かるというハードな内容。このユニットにてゾーンはハードコア〜グラインドコア〜デスメタルから初期衝動のみを抽出し、フリージャズ〜インプロに挿げ替えてみせた。もともとゾーンは「HARMONY CORRUPTION」のライナーを読めば分かるようにハードコアパンクにも深い理解を有していた人物である。「Scum」によってグラインドコアを打ち立てた初期NAPALM DEATH。その斬新な音楽的コンセプトの要であったハリスをフリーインプロに引っ張って来てドラムを叩かせる。則ちグラインドの動燃機関でフリーインプロを駆動させる。それによって我々はフリージャズ〜インプロヴィゼーションとハードコアパンク、両者は意外にも近いベクトルを持っていたことを思い知らされる。
90年代には灰野敬二や山塚アイ関連といい、この辺りの音楽を全て同一の価値観で繋げることが可能な空気があった。Disc 3には、その山塚アイもゲスト参加した94年の大阪でのライブが収録されている。またBox化にあたってはDisc 0に、巻上公一「殺しのブルース」に収録されたトラック「Marianne」が追加収録されている。これはJacksのカヴァーを灰野敬二、巻上公一と一緒に演奏するという強烈なトラックである。
改めて聴き返すと、上記のような激しい側面だけではなく、恐らくラズウェルが持ち込んだものであろうダブ的アプローチが随所で炸裂しているのも面白い。Disc 2はダブ処理によってズタズタにされた即興演奏の残骸/残響としてのアンビエント全2曲。そういえばPAINKILLERの演奏からゾーンの金切りサックスに触発された激しいパートを除いて、ラズウェルとハリスのダビーなリズム演奏部分のみを聴いてみるとヒップホップ/ダブレーベル WORDSOUNDからリリースされた彼等のユニット、E.O.Eと驚く程に音楽形式が似ていることに気がつく。この頃からハリスは打ち込みによるダブ・ブレイクビーツ路線へと転身するのだが、PAINKILLERでの活動も変化の要因の一つだったのではないだろうか。
ドラマーの音楽的背景が即興演奏ではなく、あくまでハードコアパンク〜グラインドコアであることがこの作品の特色となっているのは当然だが、それに加えてダブの要素までもが注入されている怪作と言える。

Advertisements