DEATH IN JUNE – Brown Book: 20th Anniversary Edition


(NER, Nerus/CD x2)

CD1
01. Heilige Tod
02. Touch Defiles
03. Hail! The white grain
04. Runes and Men
05. To drown a Rose
06. Red Dog – Black Dog
07. The Fog of the World
08. We are the Lust
09. Punishment Initiation
10. Brown Book
11. Burn Again
Disc1はLPオリジナルバージョン。Douglas P, Tony Wakeford, Patrick Leagasのオリジナル編成が1985年に解体し、DIJ=Douglas Pとなって以降、「The Wörld Thät Sümmer」に続く1987年の代表的作品である。基本的には幽玄なコーラス(Rose McDowall、David Tibet)を伴った、アコースティックギターによるフォーク楽曲が演奏される。そこに戦時下音源コラージュや不定形な音響、そして最小限の打ち込みのリズムが加えられ、DIJ=Douglas Pでしかあり得ない妄想めいた領域にまで高められた全体主義、共同体への憧憬が展開される。旧東独にて出版されたナチス党員リスト「Brown Book」からタイトルを取った楽曲にてナチス党歌を合唱していることが、あまりにも直接的な表現であったためか、ドイツでは発禁となった。

CD2 (20th Anniversary Edition):
01 Heilige Tod
02 Touch Defiles
03 Hail! The white grain
04 Runes and Men
05 To drown a Rose
06 Red Dog – Black Dog
07 The Fog of the World
08 Europa: The Gates of Heaven And Hell
09 Punishment Initiation
10 Brown Book – Re-read
11 Burn Again
12 Zimmerit
13 Europa: The Gates of Heaven
14 Brown Book
Disc2は改編版となり、印象はオリジナルと比較してかなり異なる。1-7曲目まではオリジナルのままなのであるが、後半はがらりと構成が変更されている。8,9,11曲目はコンピレーション「Abandon Tracks」からのバージョン。10曲目は表題曲の「“The Cathedral of Tears」に収録されたRe-readバージョン(14曲目も同一曲の別テイク)。12,13曲目は「To Drown a Rose」に収録され「The Corn Years」にも再録されたバージョン(ちなみに10曲目と13曲目は同一曲の別テイクである)。この12曲目の憂いを含んだが歌声がとにかく素晴らしく、本構成での一つの山場となっている。14曲目は10曲目と同じく表題曲の「The Cathedral of Tears」に収録されたWhiphand 6 logoバージョン。2曲の「Brown Book」がナチス党歌ではなく、言霊のようなリーディングが浮遊するバージョンの別テイク2曲に差し替え得られているのがDisc1との最大の違いである。

髑髏のシンボルマークが彫られた石製円形ボックスに、パッチと大戦中の兵士の写真が用いられたインサート入り。そのインサート類のなかで、兵士の衣装に身を包んだDouglas Pも彼らに同化し鋭い眼光を放つ。
我々はあまりに希薄化、断片化、記号化した現代の社会空間のなかを漂いながら生きている。そして、この宙吊りの生のなかで、自己の外部に何らかのフレームを欲すること、自己の存在を保証する支えを欲することは当然の欲求である。国家、宗教、思想、民族、歴史、家族、組織といった外部の支え。それらに過度に依存することの危険性は言うまでもないだろう。
強い求心力を持つファシズムの美学に引きつけられながらも、ギリギリのところでそれらをシンボル化されたモチーフとして相対化させようとするDouglas Pの姿勢は、私にとって三島由紀夫に近しいものとしてうつる。

Advertisements