jellyfish vol.16@名古屋 TOKUZO

Merzbow, Nice View, 夢中夢
2008/10/12
名古屋 TOKUZO

近年、メルツバウは日本のノイズシーンから距離を置くようになった気がするのだが、本日のライブにおいてもメルツバウ以外のバンドはノイズではない。夢中夢はヴァイオリンとキーボード入りのクラシカルで、どことなくゴシックなイメージの女性ヴォーカルバンド。クラシカルな美しい部分と、バンド的な力強い部分が両立している。Nice Viewはテクニカルなハードコアで、破天荒ながらがっちりと決めてくる。どちらも個性がはっきりしており、初見ながら非常に楽しめた。

Merzbow:
このところ続けてメルツバウを観る機会に恵まれたので、大体現在のメルツバウのスタイルが理解できた。セッティングは前回と同じくノートPCが2台と、スプリングを張った手製の発音器具、およびエフェクター類。今回のライブはPCから送出されるループが明確かつ多様であった。まずは序盤。ミニマルテクノのような単調なループから始まり、発音器具とエフェクターによる空間を埋め尽くすようなハーシュノイズがそのうえで暴れ回る。そして次に複雑な跳ねるようなループに移行するのだが、このあたりの高音ノイズとリズムの掛け合せは、どことなくプリミティヴブラックメタルを思わせる。その後しばらくは、ノートPCからのループが奇怪な音のテクスチュアとして機能するようになり、リズミックな展開は控えめになる。前回との違いとしては秋田が発音器具を鳴らす手を止め、座ってノートPCを操作する場面があり、そこではデジタル環境導入直後に観たメルツバウのような激しい音色の変化が垣間見られた。終盤ではEGのような荒々しく駆動する錆び付いたインダストリアルなループが登場し、そのうえでハーシュノイズが捩じれてゆく。一時間ほど演奏して終了。前回より変化が多く、リズミックな素晴らしいライブであった。
ちなみに会場は満席であったが、観客各人目当てのバンドは異なるものと思われる。このような状況を進んで受け入れ、ノイズという狭義のカテゴリーに属さない観客にむけて、徹底したハーシュノイズを聴かせる。このメルツバウのスタンスには一定の理解を示すことができる。しかし一方で、このスタンスがノイズ全体に対する諦観からくるものではないことを願っている。

Advertisements