「アヴァンギャルド芸術のために」総括

この日我々は、成功した部分も失敗した部分も含めて、「アヴァンギャルド芸術」という古い言葉と各人の距離、そして温度差、また今日的な運動としての成立可能性の有無について、確認することができたはずです。そもそもシンポジウムなんて何かの確認のためのものであり、むしろ失敗するためにやるものだと思います。解答の決まっているシンポジウムなんて、ある種の幼稚な劇に過ぎない。

プログラム1は松本俊夫のプログラムなのに「メタスタシス」も「アートマン」も含まれていないという、かなり渋い、そしてレアなプログラムになったと自負しています。
プログラム2は「Still in Cosmos」を720Pで上映できたので、そして名古屋にて牧野さんとジムさんの作品をまとめて紹介できたので、目的が果たせて良かったです。
プログラム3は歴史的な再考が目的だったのでテーマが比較的はっきりしており、助っ人である川崎さんの名フォローもあって、実に有意義な、大成功といえる内容になったと思います。
プログラム4は私の好奇心から、無理のある組み合わせとなりましたが、ジム・オルークの音楽が好きな人からすれば、極めて興味深い内容になったと思います。無理な思いつきを聞き入れて下さった湯浅先生とジムさんに深く感謝します。
プログラム5は私の聞きたいことを全て出し切りました。シンポジウム終了後、松本先生をタクシーまで案内する際にも述べたのですが、私は個別の作家/作品論に入る前に、前提としてすべきこと、確認しておくことがあると感じたのです。それが充分に成されてこなかったことが、現在の状況を招いたと思うのです。でなければ、ある種の世代的な失敗が反復されるのではないかという危惧があったのです。結果がどうであれ、私はこのプログラム5をやった意味はあったと考えています。

「名古屋で最後になにかやろう」と切っ掛けを与えてくれた牧野さん、後方で開催を支えてくれた名古屋大学の池側先生に深く感謝します。両氏ともに、本当にありがとうございました。近日シンポジウムの書きおこしを行い、当サイトにて公開しようかと思っています。

とにかく疲れた一日だった。終了後、すぐに帰られる松本先生と湯浅先生+川崎さんをタクシーでお送りした後、打ち上げに少しだけ出て堀潤之さんにお礼を述べる(向こうはどう思ってるか知らないが、私にとって彼は客観的な立場から意見を言ってくれる大切な存在である)。彼はすぐに帰ってしまったので、その後、私も金を置いて店を出る。そして一人で名古屋大学から自宅まで一時間かけて、いろいろなことを考えながら歩いて帰り、泥のように眠る。

翌日、牧野さん、ジムさん、川崎さんをはじめ、各人にお礼の電話やメール。そして会場から荷物の引き上げ作業を行う。川崎さんは関心のある領域は異なるが、扱おうとしている時代は全く同じなので、今後とも歴史研究にて協力させていただければ嬉しい。そしてジムさんからのメールの返事には強く心動かされた。

Advertisements

上映+シンポジウム『exposé 09 アヴァンギャルド芸術のために』


上映+シンポジウム『exposé 09 アヴァンギャルド芸術のために』
2009年3月15日(日)13:00 – 19:00
名古屋大学野依記念学術交流館
参加費:一般/上映+シンポジウム 2000円 学生/上映+シンポジウム 1000円
企画/構成:阪本裕文
主催:『exposé 09 アヴァンギャルド芸術のために』実行委員会
協力:東京国立近代美術館フィルムセンター

例えば「アヴァンギャルド芸術」を、劇映画や実験映画、ビデオアートやメディアアート、現代音楽や実験音楽といったような形式化された概念としてではなく、対立する複数の概念が非同一的に包括された、形式化することのない楕円の運動状態そのものとして把握することは可能か。さらにそれを社会的条件/政治的条件において把握することは可能か。

戦後日本のアヴァンギャルド芸術がどのような関係性のなかで生み出されてきたのか、そして今日のアヴァンギャルド芸術はどのように展開し得るのかについて、プログラムごとにテーマを設定し、議論する。

プログラム1 (13:00 – 14:10):作品上映「松本俊夫/湯浅譲二」
松本俊夫『安保条約』(16mm, 18min, 1959)
松本俊夫/湯浅譲二『白い長い線の記録』(35mm, 13min, 1960) ※ビデオ版上映
松本俊夫/湯浅譲二『オートノミー=自律性』(Video-16mm, 12min, 1972)
松本俊夫/湯浅譲二『アンディ・ウォーホル=複々製』(16mm, 23min, 1974)

プログラム2 (14:20 – 15:50):作品上映「牧野貴/ジム・オルーク」+作家による解説
牧野貴/ジム・オルーク『Elements of Nothing』(35mm/8mm-DV, 19min, 2007)

牧野貴/ジム・オルーク『The Seasons』(35mm/16mm/8mm-DV, 30min, 2008)
牧野貴/ジム・オルーク『Still in Cosmos』(35mm/16mm-HD, 18min, 2009)

プログラム3 (16:00 – 16:50):特別上映「銀輪」+シンポジウム第一部「『実験工房』とその時代」
松本俊夫/武満徹『銀輪』(35mm, 10min, 1955) ※ビデオ版上映 東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品

パネリスト:松本俊夫、湯浅譲二 ゲストコメンテーター:川崎弘二 進行:阪本裕文

プログラム4 (17:00 – 17:50):シンポジウム第二部「音楽におけるアヴァンギャルドの今日的展開」
パネリスト:湯浅譲二、ジム・オルーク ゲストコメンテーター:川崎弘二 進行:阪本裕文

プログラム5 (18:00 – 19:00):シンポジウム第三部「映像におけるアヴァンギャルドの今日的展開」+シンポジウム総括
パネリスト:松本俊夫、牧野貴 進行:阪本裕文

[略歴]
松本俊夫
1932年生 東京大学文学部美学美術史学科を卒業後、新理研映画社にて前衛的PR映画『銀輪』(1955)を「実験工房」のメンバーの協力を得て制作。以来、前衛的記録映画の制作を行いながら映像理論の執筆活動も行う。60年代以降は実験映画やビデオアートの先駆的作品を次々と制作し、多くの作家に影響を与える。また『薔薇の葬列』(1969)や『ドグラ・マグラ』(1988)などの劇場用映画の監督も務める。著書に『映像の発見 – アヴァンギャルドとドキュメンタリー』(三一書房, 1963/清流出版, 2005)、『映画の変革 – 芸術的ラジカリズムとは何か』(三一書房, 1972)、『映像の探求 – 制度・越境・記号生成』(三一書房, 1991)などがある。

湯浅譲二
1929年生 慶応大学医学部に在学中より秋山邦晴、武満徹らと親交を結び、1952年には戦後日本において芸術とテクノロジーを関係付ける起点となる歴史的な活動を行った総合芸術グループ「実験工房」に参加し、作曲に専念する。以来、オーケストラ、室内楽、合唱、劇場・映像用音楽、インターメディア、電子音楽、コンピュータ音楽など、幅広い作曲活動を行う。また国内外の主要オーケストラ、フェスティバルなどから多数の委嘱を受けて作品を発表しているほか、世界各地の大学・講習会などにゲスト作曲家や講師として招かれるなど、国際的な活動を行い高い評価を受けている。

牧野貴
1978年生 日大芸術学部映画学科撮影コースに在学中より、多数の8ミリ映画を独学で制作する。2008年ロッテルダム国際映画祭にて『Elements of Nothing』(2007)がTiger Awardにノミネートされたほか、世界各国の映画祭、映画館、美術館にて広く作品が上映され続けている映画作家である。撮影からポストプロダクションまで、全て一人で行う一方、音楽家との共同作業にも創造的な発想をもって取り組んでいる。

ジム・オルーク(Jim O’Rourke)
1969年生 10代よりギターの即興演奏を始め、数多くのフリーインプロヴァイザーと共演する。また「ガスター・デル・ソル(Gastr Del Sol)」での活動をはじめ、数多くのバンドやプロジェクトに関わる。その一方で実験的要素の強いノイズ作品を発表し、マース・カニングハム舞踊団の音楽を担当するなど、実験的なポピュラー音楽と現代音楽/実験音楽のあいだを行き来する活動を行っている。「ソニック・ユース(Sonic Youth)」のメンバーとしても活動していた。近年では若松孝二『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2007)の映画音楽担当や武満徹作品を演奏した『コロナ – 東京リアリゼーション』(2006)などの活動がある。

川崎弘二
1970年生 日本の電子音楽についての歴史研究で知られる。著書に『日本の電子音楽』(愛育社, 2006)がある。

阪本裕文
1974年生 芸術全般、特に実験映画/ビデオアートについての歴史研究および展覧会企画を行う。共著に『メディアアートの世界 実験映像1960 – 2007』(国書刊行会, 2008)。展覧会企画・監修に「Retrospective Exhibition of the Early Video Art/初期ビデオアート再考」(2006)、および同展カタログ制作などがある。

[名古屋大学へのアクセス]
地下鉄名城線名古屋大学駅下車すぐ。
・JR名古屋駅・名鉄新名古屋駅・近鉄名古屋駅からの場合…地下鉄東山線藤が丘行きに乗車し、本山駅で地下鉄名城線右回りに乗り換え、名古屋大学駅下車。所要時間約30分 (乗換含)。
・JR金山駅・名鉄金山駅からの場合…地下鉄名城線左回りに乗車し、名古屋大学駅下車。所要時間約25分。
[名古屋大学野依記念学術交流館へのアクセス]
〒464-8601 
名古屋市千種区不老町 名古屋大学野依記念学術交流館

Tel:052-788-6121
[問い合わせ先]
「exposé 09 アヴァンギャルド芸術のために」実行委員会
Tel:052-721-3453, 052-721-5358(阪本)

E-mail:sakamoto@central-region.com
今回は事前申し込み制はとっておりませんので、当日会場へお越し頂き、受付にて参加費をお支払い下さい。なお座席は充分にございますが、確実な参加をご希望される方はメールにてご予約ください。

追記:
プログラム3:特別上映「銀輪」+シンポジウム第一部「『実験工房』とその時代」、プログラム4:シンポジウム第二部「音楽におけるアヴァンギャルドの今日的展開」にて、ゲストコメンテーターとして、『日本の電子音楽』の著者である川崎弘二さんにご参加頂ける事になりました。

「グルグル祭り2009」@ 名古屋 TOKUZO

Acid Mothers Guru Guru, マニタツ, Acid Mothers Temple SWR
2009/3/7
名古屋 TOKUZO

第一部は吉田達也+津山篤+河端一によるAcid Mothers Temple SWR。勢いがあってカッチリした演奏と思わせておいて、突然ズッコケながら演奏するというコントとジャーマンロックが融合した世界。
第二部はマニ・ノイマイヤー+吉田達也によるマニタツ。これはドラマー二人によるパーカッション合戦。ドラムセットからステージ上に散らばる金物へと戦場を移しながら、鬼のように二人掛かりで叩き続ける。
第三部はマニ・ノイマイヤー+津山篤+河端一によるAcid Mothers Guru Guru。ここで津山篤と河端一はまるでウリ・トリプテとアクス・ゲンリッヒのようにマニを支え、その魅力を引き出し、グルグル以上にグルグルらしい混沌とした演奏を聴かせてくれた。緩急をつけてのぼり詰める津山トリプテとマニによるリズムに絡まりながら、ドロドロと溶けてゆく河端ゲンリッヒ。何しろこの二人の演奏が実に素晴らしかった。往年のジャーマンロックバンドが再結成すると、このような音の魅力が消えてしまってる事が多いが、むしろジャーマンロック好きの日本人の方が、ジャーマンロックの魅力を理解しているということなのだろうと思えた。
全体としてマニの魅力のいろいろな側面を見ることのできる、よいライブであったと思う。また持参したレコードにサインしてもらうという最大の目的も果たせたので満足している。