Vital Signals 横浜巡回

Vital Signals:日米初期ビデオアート上映会
芸術とテクノロジーの可能性

日本とアメリカの初期ビデオアートをめぐるプログラム「ヴァイタル・シグナル」では、1960年代から70年代にかけて、両国において映像メディアが並行して展開した注目すべき動向に焦点をあてます。この時期、ビデオアートの先駆者たちは世界中の主要な都市に彼らの試みを支えるためのコミュニティを形成しましたが、同時に国際的な文化交流に対する強い関心を抱いてもいました。ビデオというメディアの発祥地である日本は、とりわけ重要な位置を担います。60〜70年代にかけて日本とアメリカのアーティスト間では多くの交流がなされ、影響を与えあい、彼らがビデオを通じて生み出した表現には確かな同時性を見ることができます。とりわけテレビへの関与や、独立した社会批判としてのビデオの使用といった点において、思考の親近性を見てとることができるでしょう。
本プログラムは、これまで上映される機会のほとんどなかった、日本及びアメリカのビデオアート黎明期の代表作を、3つのセクションに分けて紹介し、その独創性に富んだ試み、現代の美術作品につながる先駆的な表現を、新たな技術に触発され生まれた芸術形態をめぐる諸問題と共に考察します。
*「ヴァイタル・シグナル」は、エレクトロニック・アート・インターミックス(EAI)が、横浜美術館、および日本のキュレーターや研究者たちと連携し、EAIの所蔵作品とともに、日本の初期ビデオ作品を紹介するものです。EAIは1971年にニューヨークに設立された非営利芸術機関で、ビデオアートをサポートし、配給する目的で設立されたアメリカで最初の組織の一つです。 

会期:2009年11月21日(土)/22日(日)/23日(月・祝)
会場:横浜美術館レクチャーホール
料金:1プロ 800円/1日(2プロ)1200円/3日通し(6プロ)2400円
主催:横浜美術館、Electronic Arts Intermix(EAI)
特別協力:アメリカ大使館
http://www.yaf.or.jp/yma/topics/archive/0911_vital_signals.php

———-
セクション1 
テクノロジー:新しい視覚言語
aプログラム:ビデオ言語論 10作品、約71分
シンセサイザーや画像プロセッサーなど、新技術を用いた映像や音響の創出。ビデオアート草創期、このメディアの技術的可能性を探求する様々な実験が展開する。
a-1:ナムジュン・パイク ベル研究所での電子映像実験 1966年/約5分
a-2:CTG コンピューター・ムービー No.2 1969年/約8分
a-3:ゲイリー・ヒル 電子言語学 1977年/約4分
a-4:松本俊夫 メタスタシス 新陳代謝 1971年/約8分
a-5:スタン・ヴァンダービーク ストローブ・オード 1977年/約11分
a-6:山口勝弘 イメージモデュレーター 1969年(再制作)/約1分(インスタレーションの記録映像)
a-7:山口勝弘 大井町附近 1977年/約2分(インスタレーションの記録映像)
a-8:松本俊夫 モナ・リザ 1973年/約3分
a-9:スタイナ&ウッディ・ヴァスルカ 腐蝕Ⅰ 1970年/約2分
a-10:安藤紘平 オー!マイ・マザー 1969年/約13分
         
bプログラム:拡張する形式 9作品、約78分
収録内容をその場で再生できる「リアルタイム・フィードバック」機能をはじめ、ビデオ固有のさまざまな特性が、映像制作のあり方を刷新していく。
b-1:ナムジュン・パイク (マース・カニングハム、チャールズ・アトラスとの共作) マース・バイ・マース・バイ・パイク:ブルースタジオ 1975-76年/約16分
b-2:山本圭吾 Breath No.3 1977年/約6分
b-3:ジェイムズ・バーン 半透明 1974年/約2分
b-4:飯村隆彦 カメラ、モニター、フレーム 1976年/約17分
b-5:ジョーン・ジョナス 左側 右側 1972年/約9分
b-6:飯村隆彦 オブザーバー/オブザーブド 1975-76年/約9分(抜粋)
b-7:飯村隆彦 男と女 1971年/約7分
b-8:ジェイムズ・バーン 両方  1974年/約4分
b-9:山本圭吾 Hand No.2 1976年/約8分

セクション2
オルタナティヴ・メディア:コミュニケーションの変容
cプログラム:テレビの解放 8作品、約82分
当時の文化を支配していた「テレビ」。アーティストや活動家は、テレビの特性を個人的な表現に取り込んで、マスメディアや政治といった巨大な存在に対峙する。
c-1:ナムジュン・パイク&ジャド・ヤルカット コマーシャルを待ちながら 1966-72/1992年/約7分
c-2:中谷芙二子 水俣病を告発する会-テント村ビデオ日記 1971-72年/約21分
c-3:松本俊夫 マグネティック・スクランブル 1968年/約1分(映画《薔薇の葬列》からの抜粋)
c-4:デイヴィッド・コート メーデー・リアルタイム 1971年/約9分(抜粋)
c-5:ビデオアース東京 橋の下から 1974年/13分
c-6:ダラ・バーンバウム テクノロジー/トランスフォーメーション:ワンダーウーマン 1978-79年/約6分
c-7:クリス・バーデン TVコマーシャル 1973-77 1973-77年/2000年/約4分
c-8:TVTV あと4年(ニクソン再選運動の記録) 1972年/約23分(抜粋)

dプログラム:共有される記憶 7作品、約52分
個人の日常から歴史的事件まで、撮影者はカメラを媒介してあらゆる被写体とその場の経験を共有し、残された映像は不特定多数の人々の記憶の中に共有されていく。
d-1:久保田成子 ヨーロッパ・オン・1/2インチ・ア・デー 1972年/約9分(抜粋)
d-2:中島興 マイ・ライフ 1976~92年/約5分(2チャンネルビデオインスタレーションからの抜粋)
d-3:アント・ファーム アント・ファームの汚れた皿 1971-2003年/約9分
d-4:アラン・カプロー Hello 1969年/約5分
d-5:シャーリー・クラーク ティー・ピー・ビデオ・スペース・トループ パート1 1970-71年/約5分
d-6:中谷芙二子 老人の知恵-文化のDNA 1973年/約11分/映像提供:川崎市市民ミュージアム
d-7:ビデオインフォメーションセンター ラ・アルヘンチーナ頌 1977年/約5分(抜粋)

セクション3
パフォーマンス:行為の記録、身体の記録
eプログラム:ビデオと行為 8作品、約74分
1960年代以降、「行為」そのものを作品に取り込んでいったアーティストたち。そして彼らにとって格好のメディアであったビデオ。様々な行為の痕跡が映像に刻まれていく。
e-1:かわなかのぶひろ キック・ザ・ワールド 1974年/約15分
e-2:山口勝弘 Eat 1972年/約2分
e-3:マーサ・ロスラー キッチンの記号論 1975年/約6分
e-4:今井祝雄 ビデオ・パフォーマンス1978~1983 1978-83年/約16分
e-5:デニス・オッペンハイム アスペン・プロジェクト/圧縮-シダ(顔) 1970年/約5分
e-6:ウィリアム・ウェグマン 作品選集1 1970-72年/約8分(抜粋)
e-7:ジョン・バルデッサリ アートの作法:葉巻辞典 1973年/約6分(抜粋)
e-8:小林はくどう ラプス・コミュニケーション 1972年(1980年再制作)/約16分

fプログラム:ビデオと身体 8作品、約63分
パフォーマンスの記録に活用されたビデオ。それは単なる記録を超え、時間的・空間的・造形的な加工・操作によって、パフォーマーの身体表現を拡張・純化させていく。
f-1:ヴィト・アコンチ 粉/息 1970年/約3分
f-2:ポール・マッカーシー 黒と白のテープ 1970-75年/約5分(抜粋)
f-3:村岡三郎+河口龍夫+植松奎二 映像の映像-見ること 1973年/約13分
f-4:ジョーン・ジョナス オーガニックハニーの垂直回転 1973-99年/約15分
f-5:出光真子 おんなのさくひん 1973年/約11分
f-6:ブルース・ナウマン ピンチネック 1968年/約2分
f-7:アンテ・ボザニッチ アイ・アム・ザ・ライト 1976年/約4分
f-8:和田守弘 認知構造・表述 1975年/約10分(抜粋)

———-
上映スケジュール
21日(土)
「テクノロジー:新しい視覚言語」
15:30 aプロ ビデオ言語論
17:30 bプロ 拡張する形式

22日(日)
「オルタナティヴ・メディア:コミュニケーションの変容」
13:30 cプロ テレビの解放
15:30 dプロ 共有される記憶
17:30 レクチャー+トーク
・レクチャー:「反復のなかへ:ビデオアートと社会空間」
講師:阪本裕文(映像研究/本上映会監修者)
・トーク:「メディアは人をつなげる 初期ビデオアートの拡まり」
出演:かわなかのぶひろ、小林はくどう、阪本裕文
(※山口勝弘へのビデオインタビューも上映予定。)

23日(月・祝)
「パフォーマンス:行為の記録、身体の記録」
15:30 eプロ ビデオと行為
17:30 fプロ ビデオと身体

———-
私も共同監修として参加したVital Signalsの横浜巡回上映が、この週末に開催されます。今回の上映プログラムは完全版であり、初期ビデオアートの多様性を、複数のプログラムにて浮かび上がらせる内容となっています。22日にはレクチャー+トークイベントもあります。「ビデオひろば」の各人より、当時のお話をお聞きしたいと思います。さらに、山口勝弘さんにもビデオインタビューという形でご参加頂きました。これは当日、会場で流す予定です。
今後の国内、および海外での巡回スケジュールは以下です。今後の巡回上映は各会場の企画者のアイデアによって、さまざまな形で関連イベントが組まれていく予定です。今回の巡回については、横美の松永さんに深く感謝します。
http://www.eai.org/eai/pressreleases/2009_vs_tour_pr.html

Advertisements