個人版リリース開始:カタログ+DVD「Vital Signals ヴァイタル・シグナル」


カタログ+DVD「Vital Signals ヴァイタル・シグナル 日本の初期ビデオアート」
発行:2010年
制作:Electronic Arts Intermix (EAI)
個人価格:8,400円(本体価格8.000円)
http://www.amky.org/japanese/store/index.html
http://amkynews.sblo.jp/article/43463788.html

ライブラリー版に続いて、個人版のリリースが開始されました。これで日本における初期ビデオアートの歴史に、誰もがアクセスできるようになった訳です。本当に良かったと思います。誰でもアクセスできるというのは、一定のコンテクストを形成するうえで、とても重要なことだと思います。恵比寿映像祭にあわせて写真美術館のショップにて、一足早く販売されています。モニターでディスプレイされているので、取りあえず見てみたいという方は店頭まで足を運んでみて下さい。何卒よろしくお願いします。
(いくつかミスがありましたので、近々正誤表を作成して公開したいと思います。)

カタログ:
・ごあいさつ(Lori Zippay/EAI、ディレクター)
・初期ビデオアートのメディアに対する批評性(阪本裕文)
・境界の狭間で:1970年代の日本のビデオ(Barbara London/ニューヨーク近代美術館メディア・パフォーマンス部門アソシエート・キュレーター)
・映像の映像:初期の日本のビデオ・アートに見られる画像中の画像(Glenn Phillips/ゲッティー・リサーチ・インスティテュート建築・現代美術部門、シニア・プロジェクト・スペシャリスト、コンサルティング・キュレーター)
・飯村隆彦インタビュー(阪本裕文)
・ビデオひろばについて
・作家履歴・作品説明
(B6変形,103ページ,日本語/英語併記)

DVD:
1.テクノロジーの言語
・CTG『コンピューター・ムービー No.2』 1969年/8分/白黒/サウンド/オリジナル:16mmフィルム
・山口勝弘『イメージモデュレーター』1969年(再制作)/45秒/カラー/サウンド/インスタレーションの記録映像
・山口勝弘『大井町附近』 1977年/1分30秒/カラー/サウンド/インスタレーションの記録映像
・松本俊夫『メタスタシス 新陳代謝』1971年/8分/カラー/サウンド
・安藤紘平『オー!マイ・マザー』1969年/14分/カラー/サウンド/オリジナル:16mmフィルム
・飯村隆彦『カメラ、モニター、フレーム』1976年/17分15秒/白黒/サウンド
・山本圭吾『Hand No.2』1976年/7分50秒/白黒/サイレント

2.オープン・テレビジョン
・松本俊夫『マグネティック・スクランブル』1968年/30秒 /白黒/サイレント/(映画《薔薇の葬列》より)
・ビデオアース東京『橋の下から』1974年/13分

3.ボディー・アクト
・出光真子『おんなのさくひん』 1973年/10分50秒/白黒/サウンド
・かわなかのぶひろ『キック・ザ・ワールド』1974年/15分/白黒/サウンド
・山口勝弘『Eat』1972年/1分30秒/白黒/サウンド
・今井祝雄『ビデオ・パフォーマンス1978~1983』1978-83年/15分35秒/カラー/サウンド
・小林はくどう『ラプス・コミュニケーション』1972年(1980年再制作)/16分/カラー/サウンド
・村岡三郎+河口龍夫+植松奎二『映像の映像-見ること』1973年/12分30秒(11分20秒抜粋)/白黒/サウンド
・和田守弘『認知構造・表述』1975年/20分/カラー/サウンド
(収録時間 162分)

Advertisements