第3回恵比寿映像祭:ある場所、ある時間 ジェームズ・ベニング 《ルール》

ジェームズ・ベニングは、固定ショットによって風景を撮影したフィルムでよく知られる、アメリカの代表的な実験映画作家である。彼が風景をフィルムに捉える際のその手法は、厳密なコンセプトにおいて一貫しており、一切の演出や作為といったものが介入しない、ある時間的な“深さ”を持った場所の記録となっている。国内では、イメフォや愛知文化芸術センターにおいて、カリフォルニアの自然・郊外・都市の風景を、各ポイントでフィルム1ロールずつ撮影し、それを厳密に繋げた三部作である「カリフォルニア・トリロジー」(1999−2002)などが既に紹介されている。

ルール/Ruhr(HD Video, 2009)
本プログラムでは彼の二時間にも及ぶ新作「ルール」が上映される。この新作は16mmフィルムではなく、新しい試みとしてHDビデオによって撮影されている。また、撮影場所はアメリカではなく、ドイツのルール地方である。このことから、制作条件の変化が作品に少なからず影響を及ぼすことが予想され、個人的には大きな関心を抱いていた。

まず前半部は以下のショットによって構成される。
・ショット1:トンネル内の道路/道路を往来する車、歩行者、自転車
・ショット2:工場/コンベアーのうえを流れていく資材
・ショット3:(空港近くの)林のなかから見上げられた空/数分おきに上空を通過する旅客機、揺れる木々
・ショット4:モスク内での礼拝/信徒たちの礼拝の様子
・ショット5:野外彫刻/彫刻に描かれたグラフティを消す作業員の様子
・ショット6:町の路地/犬を散歩させる住人、乗用車の車庫入れ、遠くを通過する電車

ここまでは従来の風景撮影のスタイルと大きな違いはない。固定ショットの持続時間は、ビデオの使用によって今までよりも長くなっているが、基本的なコンセプトは同義である。すなわち10〜20秒程度の凝視では見えてこないような、場所が持つ時間的な“深さ”を、映画的時間の持続のなかで浮かび上がらせるということ。そして、そのような“深さ”を観客に映画的経験として与えることである。例えばある駅の改札口は、一見すると何の変哲もないただの改札口に見えるかもしれないが、その場所にしばらく留まっていたとしたら何が見えてくるだろう。一定の間隔でホームからあふれてくる乗客、待ち合わせで退屈そうに立っている人、あるいは道に迷った通行人が何度もうろうろと目の前を横切っているかもしれない。そのような、ある程度長時間の持続によって見えてくる場所の性質。あらゆる場所は実に様々な関係性の絡み合いによって成り立っているのであり、長時間の持続によって、ある性質や関係性をそこに認めることが可能となる。(また、ベニングがHDビデオを使用したのも、そのような細かな出来事を余すところなく撮影するためであったといえるだろう。)

前半部のショットのなかでも、特に印象的だったのがショット3における、旅客機が通過した後に、遅れてやってくる風が揺らす木々の葉。そして、ショット4における低い位置に設置されたカメラのフレームが、立ち上がった信徒の背中によってすっぽり覆われてしまう箇所だった。これらは、いずれもある程度の時間的持続によってはじめて認めることができた、その場所(撮影ポイント)に固有の出来事であったといえるだろう。

そして、問題は後半部である。
・ショット7:ルール地方にある石炭工場の巨大な煙突/定期的に吹き出す煙、日没

この後半部のショットにおいてベニングは、長時間撮影が可能というビデオの特性を最大限活用して、巨大な煙突を一時間にわたって固定ショットで撮影するという極端な試みを行っている。前半部は6つのショットが、それぞれの撮影ポイントの時間的な“深さ”を数分間の持続によって浮かび上がらせていたのだが、この後半部では定期的に煙が吹き出すという出来事が繰り返されるだけである。吹き上がる煙に慣れてしまえば、単調な時間が持続してゆくかに見える。だが、やがて一時間の持続によって日が暮れてあたり一面が暗くなってゆくという変化がおこる——ここでベニングは前半部よりもさらに長い時間的スケールによって、この場所にまつわる諸々の社会的関係性を超えて、メタ的に、この地方をひとつの空間として俯瞰しようとしていたのだといえるだろう。(これは知人の指摘なのだが、この作品においてベニングは「ルール地方における石炭をめぐっての歴史を、あの巨大な煙突に表象させていた」ともいえる。鋭い指摘だと思う。だとすれば、ベニングがメタ的に俯瞰しようとしたものが何であったかも理解できる。http://ja.wikipedia.org/wiki/ルール地方

Advertisements