「原発・震災と新たな社会運動」@紀伊國屋ホール(2011.6.5)

7分割です。
http://associations.jp/topi02.html

第179回新宿セミナー@Kinokuniya:
シンポジウム『震災・原発と新たな社会運動』登壇者の基調講演

出演者:
磯崎新(建築家)/大澤真幸(社会学者)/山口二郎(政治学者)/柄谷行人(評論家)/いとうせいこう(マルチ表現者)

大澤真幸と山口二郎の話は、順当に納得できる内容のもの。特に大澤真幸の、不在の他者との連帯の困難さが、原発と震災の問題において、違いとして現れているとの指摘に納得。柄谷行人は、話がはじまったと思ったら大体完了していた。磯崎新の話は、場を和ませつつも面白いものだったと思うけど、個人的にこれを楽しむ余裕はちょっと持てなかった。結論は理解できる。

Advertisements