覚え書き

外国との戦争や労働者の階級闘争といったような分かりやすい現れ方をしなくなっただけで、国内社会のあらゆる場所で潜在的な内戦が進行しているように思えてならない。高齢者層と若年層の世代間格差もそうだし、正社員と非正規の賃金・社会保障格差もそうだ。もちろん地域間の格差も存在する(基地・原発の立地含め)。このような排除された側が生存ギリギリのところまで追いつめられる状況は、不利益を被る者からすれば内戦以外の何ものでもない。国内社会はもうバラバラで、あらゆるところに分断線が引かれているように思う。それでも現行の利潤システムを目減りさせたくないという卑しい利己心は徹底して追求される。今後、全体の豊かさが下降して行くのなら尚のこと、それは様々な形で表出してくるだろう。だから、恐らく今後も新卒一括採用はなくならないし、事故で不利益を被った人たちは事実上なかったことにされる。どれもこれも根っこは同じだ。
岩上安身氏、木野龍逸氏、郷原信郎氏による、6月28日「東京電力株主総会」実況まとめ http://togetter.com/li/155198

分断線は入り組んでおり、連帯することも難しい。ならばあらゆる格差と分断のなかで、他人に食い物にされず他人を食い物にせず、何とかして各人が内戦を生き延びてください、としかいえない。

Advertisements