提言型政策仕分け WG-A 原子力・エネルギー等:原子力発電所の立地対策等 @ USTREAM

提言型政策仕分け WG-A 原子力・エネルギー等:原子力発電所の立地対策等 @ USTREAM(http://www.ustream.tv/channel/shiwake1)についての書き込みメモ。アーカイブも上記URLにて見られます。

・提言型政策仕分け WG-A 原子力・エネルギー等:原子力発電所の立地対策等のまとめ
◎周辺地域整備資金:着工済み三基のみに限定
◎立地対策交付金:事故対策・安全対策を拡充する仕組みを検討すべき(交付金を事故対策・安全対策に優先すべきとの意見が5名→しかし、事故対策・安全対策について交付金要項に入れる事はできるが、交付金の経緯を考えるに国から使途まで自治体に指示することはできないとのコメントが後ほど経産省大臣から出される)、一方で各自治体の予算の使い勝手のよさにも配慮する(従来の地域振興にも配慮する)
◎最終処分積立金・再処理積立金:適切に管理すべし、取り崩し分の情報の開示、NUMOの広報事業(最終処分場についての広報)の見直し

ここで、「交付金を事故対策・安全対策に優先すべき」というのは、EPZ拡大による交付金配分と絡んでくるポイント。交付金が従来のような立地側にとっての自由な予算ではなくなってゆく…と思われる。EPZ(防災対策重点地域)拡大については以下の報道もあった。
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20111117ddlk22010254000c.html
「原子力安全委:EPZ拡大 市内で線引き、対策は… 市町担当者、情報交換会」/静岡 – 毎日jp(毎日新聞)

以下、下の方から古い投稿です。

・「瑞浪と幌延は、最終処分地にしないと地元と約束して進めている。」「それ以外に技術調査はやっているのか?」「文科省:やってない。経産省:いろいろ掘り方調べてます。」 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

・幌延には放射性物質を持ち込まないことになっている、と確認。そこでは最終処分場を作らないことになっている。 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

・各自治体で安全対策にどの程度の予算が割り振られているかは、明確に把握していない。「安全対策のない立地対策はないのではないか?」と原点に立ち返った批判。設置者にとっての立地対策とは飴でしかない。 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

・「交付金を使った安全対策は自治体に任せるのではなく、総合的にやっていかないといけないのではないか」「総合的にどうするかは県や道におまかせしています」とのこと。 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

・現行の交付金でも安全対策に予算を振り分けることができるので、立地側が交付金を安全対策に使って下さい、というスタンスって…。 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

・幌延を含む道北は風力発電がとても盛んで、例えば稚内市内の電力消費の七割以上は風力発電。最終処分場は道北に必要ないよ。 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

・提言型政策仕分け WG-A 原子力・エネルギー等:原子力発電所の立地対策等 ( #shiwake_a live at http://ustre.am/gghO)

Advertisements