第16回アートフィルム・フェスティバル

牧野貴 『Generator』 2011年

第16回アートフィルム・フェスティバル

 「アートフィルム・フェスティバル」は、実験映画やビデオ・アート、ドキュメンタリー、劇映画など、既存のジャンル区分に捕らわれず、映像表現の新たな可能性を切り開くような、先鋭的な作品を集めた特集上映会です。かつて実験映画には“もう一つの映画”という呼称があったように、劇映画やドキュメンタリーとの間に、ジャンル間の断絶といった状況が見られました。しかし1990年代以降、マティアス・ミュラーや石田尚志、牧野貴といった新しい才能が登場するにつれ、そうした境界線は徐々に無効化していった、といえるかもしれません。彼らの作品は、その制作のプロセスや発表の場において、美術や音楽といった隣接するジャンルとも相互的な関わり合いを見せ、従来のジャンル区分を超えた、柔軟かつ新鮮な創造的感性が現れていることは、注目して良い事実といえるでしょう。

 通算で第16回目を迎える今年の「アートフィルム・フェスティバル」では、「愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品」の最新第20弾として、新作 『Generator』 (2011年、本フェスティバルで初公開)を完成させた牧野貴の、『光の絵巻』 (2011年、共作:石田尚志)など近作を交えた特集や、80年代より既存の映画を解体/再構築するファウンド・フッテージの手法で注目を集めたドイツのマティアス・ミュラーと、2000年代前半から始まるクリストフ・ジラルデのコラボレーションの軌跡を、それぞれの単独作品も含めて振り返るプログラム、『闇の絵巻』 (1997年)など上映機会の少ない初期作品から、代表作 『フーガの技法』 (2001年、オリジナル映像作品第10弾) を経て、近年のパフォーマンス的傾向の作品を集めた石田尚志の特集など、映像表現のヴィヴィッドな状況を反映したプログラムをお届けします。さらに、フランス・ドキュメンタリーの近年の秀作を集めた特集や、仙台短篇映画祭制作プロジェクト311 『明日』 (2011年) や、河瀨直美が企画した、なら国際映画祭製作 『3.11 A Sense of Home Films』 (2011年) 、SOL CHORD企画、前田真二郎企画監修による『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』(2011年) など今日の状況を反映した意欲的なオムニバス作品の特集、名古屋初上映となるヴェルナー・ヘルツォークのSFファンタジー 『The Wild Blue Yonder』 (2005年) の特別上映など、多彩な内容により映像表現の現在を照らし出します。

会期:2011年11月22日(火)~12月4日(日)
   *11月28日(月)は休館日
会場:愛知芸術文化センター12階 アートスペースA 〔定員180名〕
料金:入場無料・事前申込不要
http://www.aac.pref.aichi.jp/bunjyo/jishyu/2011/11aff/index.html

本年度のアートフィルム・フェスティバルの詳細が告知されたので引用。マティアス・ミュラー、牧野貴、石田尚志の作品をまとめて観られるよい機会となっています。『Generator』については、牧野本人が自身のサイトで,詳細な制作経緯を記していますので一読を。『Generator』 は12/3 14:30、12/4 14:30の牧野作品特集プログラムにおいて上映されます。
http://makinokino.exblog.jp/16956097/

また、『Generator』 についての短いエッセーをアートフィルムフェスティバルのリーフレットに寄せました。作品について、何らかの意味を見出す一助になれば幸いです。

Advertisements