第4回恵比寿映像祭で観たいもの

第4回恵比寿映像祭のプログラムが告知されたので、内容をチェックしてみる。個人的な観点から関心のあるプログラムのみ挙げてみます。
http://www.yebizo.com/

・21世紀のジョナス・メカス最新作《スリープレス・ナイツ・ストーリーズ 眠れぬ夜の物語》/Jonas MEKAS in the 21st Century: Sleepless Nights Stories
一応観ておかないといけなさそうな、そうでもなさそうな。

・アヴァンギャルド映画・私的旅行記 ピップ・チョードロフ《フリー・ラディカルズ―実験映画の歴史》/A Personal Tour of Avant-Garde Cinema: Pip CHODOROV, Free Radicals: A History of Experimental Film
ロッテルダムで上映されていた(らしい)、実験映画の歴史を私的な観点からまとめたドキュメンタリー。

・四稜鏡(プリズム)スクリーンの四辺に光満つ――ウォルター・デ・マリア、トニー・コンラッド、アーニー・ゲア、カーク・トーガス/A Rectangular Prism: Films by Walter DE MARIA, Tony CONRAD, Ernie GEHR, Kirk TOUGAS
今年はこれで決まりだろう。ジム・オルークがこれ程までにハードコアな実験映画をセレクトしたこと、この意味は極めて大きい。80年代型シネフィルの固定観念にいまだ絡めとられている国内の言説に、一石を投じるものになると良いのだが。

・建築と映像:物質試行をめぐって/Architecture and Images: On Experiment in Material
ベン・リバースがここに入っているのも面白いが、ハインツ・エミグホルツを建築に絡めて紹介するのは良いアプローチ。エミグホルツは初期には構造映画もやっていたが、今では建築をフィックスで撮る作品ばかり作っている作家。DVDが山のようにリリースされています。

で、問題は本当に観に行くことが出来るのかどうか、ということ。

Advertisements