Tiger Awards Competition for Short Films

愛知芸術文化センターの助成を受けて制作された、牧野貴『Generator』が、ロッテルダム国際映画祭の短編部門のタイガーアワードを獲得した。おめでとう。

Tiger Awards Competition for Short Films
The eighth Tiger Awards Competition for Short Films comprises twenty-one films, ranging in length from five to fifty-six minutes. For its Jury the IFFR welcomed Rania Stephan from Lebanon who’s first feature-length documentary film The Three Disappearances of Soad Hosni screens in the festival; film curator and writer Andréa Picard from Canada, who worked for the Cinematheque Ontario and curated the Wavelengths section of the Toronto International Film Festival; and film critic and screenwriter Dana Linssen from The Netherlands, editor-in-chief of de Filmkrant and contributor to NRC Handelsblad. The Jury handed out the three equal Tiger Awards for Short Film (3,000 Euros) to the winning filmmakers at IFFR venue WORM on Monday evening 30 January 2012.

Generator – Makino Takashi, Japan, 2011
With its impressive soundtrack and hybrid layering, Generator creates an explosive, pulsating experience of an environment on the brink of disaster.

Makino Takashi belongs to the new generation of Japanese experimental filmmakers. While studying at the Nippon University he made several Super-8 films. In 2001 Makino apprenticed with the Quay Brothers. He had his international breakthrough in 2007 with NO IS E. Since then, IFFR has shown several of his movies. In 2008, IFFR honored Makino with a Short Profile.

http://www.filmfestivalrotterdam.com/en/news-2012/short-films-awarded-at-international-film-festival-rotterdam-2012/

一つ言い添えておきたいことは、本作はタイトルから連想されるような震災と原発事故を題材として制作された映画ではなく、3月11日以前から同タイトルにて空撮が進められていた映画であり、結果的に作家の意図を超えて社会的な文脈を付与されることになったという事実である。詳しくは作家本人の言葉( http://makinokino.exblog.jp/16956097/ )と、愛知芸術文化センター「アートフィルム・フェスティバル」のパンフレットに寄せたエッセーを参照してほしい。

ところで現実と芸術の関係についての話になるが、私は現実に追従するようにして――要するに震災と原発事故という現実に追従するようにして――それを作家の名において作品化したような作品群に対しては、正直なところ、すっきりしない思いを抱えてしまう。制作することの意味を自らの内面において否定の危機にさらすこともなく、作家活動という営為を繰返すのであれば、そこに作家の主体は存在しないだろう。これは、「作品のなかに原発に対する反対、もしくは賛成のメッセージを詰め込むべき」というレベルの話ではないし、「芸術は社会的に役に立たないから素晴らしい」という素朴な話でもない。これは重大な現実に直面した時に、作家が、外からやってくる否定のプロセスに対してどのようにして耐えるのかという問題であるように思う。

Advertisements