メディアの固有性

「デジタル復元における三色分解を用いた映像の長期保存——映画『銀輪』の場合」(日本写真学会誌 2011年74巻1号、pp4-11)という論文を読む。これは松本俊夫の『銀輪』(1956)をケーススタディとして、フィルムの長期保存の方法を探るというものである。なかなか興味深かったので、少し詳しく書いてみたい。

まず、デジタル修復までのプロセスは以下。

35mmネガ>35mmマスターポジ>デジタルスキャン(4K)>デジタルデータを2Kに落とす>デジタルデータ修復(パラ消し、キズ除去、位置補正、フリッカーの安定化、カラーコレクション)

そして、「デジタルデータ修復」以降は3つのプロセスが試される。

1「従来のデジタル復元版」:デジタルデータを35mmカラーネガにレコーディング(2K)し、上映用プリントを起こす

2「三色分解アナログ合成版」:デジタルデータをRGBに三色分解し、その濃淡情報を3本のモノクロネガフィルムにレコーディング>その3本のモノクロネガをオプチカル合成によってカラー化>35mmカラーネガにレコーディング(2K)して、上映用プリントを起こす

3「三色分解デジタル合成版」:デジタルデータをRGBに三色分解し、その濃淡情報を3本のモノクロネガフィルムにレコーディング>その3本のモノクロネガを再びデジタルスキャン(4K)し、その4Kのモノクロデータを2Kに落としたうえでデジタル合成によってカラー化>35mmカラーネガにレコーディング(2K)して、上映用プリントを起こす

そして、この3つのプリントを比較して、「従来のデジタル復元版」よりも、「三色分解アナログ合成版」と「三色分解デジタル合成版」の方が画質の点で勝っており、特に「三色分解アナログ合成版」が最も良い画質であった事が述べられる。

そして、「映像の長期的な保存は、けっして最新のデジタル技術だけで解決する事はできない」と結論付けられる。また、長期的な保存においてはデジタルよりもフィルムの方が適しているとの見解が参照され、フィルム技術と機材・薬品の継承が重要であるとして締めくくられる。

以上が論文の大まかな流れである。(「三色分解デジタル合成版」のプロセスは三色分解デジタルデータをアナログ媒体に焼き直して、再びデジタルスキャンして合成し、またアナログ媒体に焼き直すということで、2回も余計なデジタル/アナログ変換を行っている訳だが、これは「三色分解アナログ合成版」のオプチカル合成が将来的に出来なくなった時のためのものらしい。奇異なプロセスに見えるが、これはいわば代替案であろう。)

思った事について述べる。このケーススタディでは、最初から映画をフィルムで観るということが枠組みとして決定されている。その上で、三つの方法が試されている。このこだわりも、フィルムによるメディア経験の必要性を根拠としているのであれば理解できないこともない。そして、この枠組みのなかで「従来のデジタル復元版」よりも「三色分解アナログ合成版」の方が画質が良かったというのも、検証の方法にもよるがあり得るだろう。そして、オプチカル合成が将来的に出来なくなって「三色分解アナログ合成版」を作る事が出来なくなった場合には、デジタル/アナログ変換を繰り返すことになる「三色分解デジタル合成版」という代替案が取られる訳だが、これをフィルムによるメディア経験を高画質で伝えるためには致し方ないこと——として捉えるならば、確かにそれはベターな方法となるのだろう。

ただし、やはり違和感もある。私もフィルム技術と機材・薬品の継承が重要であるという点には賛同するが、それは文化的な意義においてそう思うのであり、画質や映像の長期保存の点においてもフィルムは優位にあると本ケーススタディから主張するのには、少々疑問を感じてしまう。たとえ戦略的な言説であったとしても、やはり前提の立て方が少し違うのではないかと。その前提に拠るのであれば、4Kデジタルデータを修復して、そのままDLP上映したものとの比較を行わなければならないだろう。

それよりもフィルムに関わる映画技術とそのメディア経験には、それ自体で文化的、または歴史的な意義がある、だからこそ保存する必要があると主張する方が良いのではないかと思う。実験映画の領域には、フィルムおよび映写機やスクリーンといった映画の制度をコンセプト化した構造映画と呼ばれる作品群があるが、こういった作品群に強い関心を抱く身としては、そもそもフィルムの価値とは、画質や保存性の優劣競争とは異なるところにあると思えてくる訳です。もしかしたら、そういったことを踏まえての、敢えての戦略的身振りかもしれないが。

Advertisements