Makino Takashi Open Experimental Night

牧野貴が、最新作の国内初上映を行うらしい。


Makino Takashi Open Experimental Night
日時:4月21日(土)18:30開場/19:00上映開始
料金:¥2,000(+1ドリンク別¥500)完全予約制30名/当日立見席若干有り
会場:UPLINK「Room」
http://www.uplink.co.jp/gallery/log/004394.php

この日は、初期(といっても、たった七年前)の作品である『The Intimate Stars』(2005年/35分)と、『2012 act.2』(2012年/25分)が上映される。『2012』は上映されるたびにその姿を変えてゆく作品であり、サウンドも牧野本人がライブで演奏するということらしい(第一回目の上映は3月にマドリッドにおいて行われた)。上映空間において生成される映画というアプローチに、少なくともこの一年間、牧野は取り組んでいくということか。

思えば現在まで牧野は、音楽家との共同作業によって映画を制作することを重要視してきたが、それはイメージとサウンドと異質なままに対立させることを意図したものであったといえる。それによって映画は、多義的な変質の契機をそのなかに抱え込むことになる。

その牧野が、半年程前に、「今度は自分自身で映画にサウンドを付ける」と言い出した時には、内心、固定的な映画に向かうようなことにならなければいいけど…と思った。しかし、このアプローチで来ると聞いたとき、これは「+京都」における田巻とのフィルム・ライブパフォーマンスの延長線上にある試みになりそうだと、私はある種の安堵感と期待感を覚えた。という訳で、牧野がこの日、どのような映画の生成を見せてくれるのか、立ち会って確認してみてほしい。それは、その時その場所で、一度しか起こらない生成になるだろうと思う。

Advertisements