イメージフォーラムフェスティバル2012 Qプロ:スモール・ロード


・ジェームス・ベニング『スモール・ロード』
James Benning, Small Roads
HD, 103min, 2011

ベニングが風景に取り組み出して以来、一貫して継続されてきた方法論は本作でも踏襲される。それは、固定ショットによる一定時間の風景撮影を、単調にそのまま繋げて編集するというものである。この一定時間の固定ショットは、それぞれの場所の即物的な時間の変化を記録し、それぞれの場所が持つ様々な性質を明らかにする。16mmで撮影していた時期には各ショットの持続時間がリールの長さに束縛されていたが、デジタルビデオで撮影するようになってからは、『ルール』の長時間に及ぶラストショットのように、ショットの持続時間に変化がみられるようになっている。ちなみに実測した訳ではないので体感的な印象だが、本作では各ショットの持続時間がバラバラであるように思えた。カタログによるとデジタル合成を行っていると記述されているが、各ショットのデュレーションを若干変えているのかもしれない。

さて、本作が捉える風景は、全てのショットにおいて何の変哲もないアメリカ中西部の道路そのものである。様々な場所の車道脇で撮影された47個のフィックスショットは、恐ろしくシンプルで即物的でありながらも、同一の性質を持つ空間が存在しないことを明らかにする。各ショットの持っている時間的な深さは、驚く程豊かな経験を観客に与える。同じような道路でも、通過する車両数の違い(全く車が通過しないショットも多い)、周囲の環境音の違い、天候の違い、時間帯の違い、季節の違いなど、ひとつとして同じ性質を持つ空間は存在しない。15ショット目において直射日光が陰り、地面に落ちていた木の影が薄れる箇所。17ショット目の野鳥の鳴き声が重なり合う箇所。20ショット目の薄暗い夕刻の風景に不安を掻き立てるような木々の揺れる音。39ショット目の全く周囲が見通せない濃霧のなかから車両が飛び出してくる箇所。これらは全て、その時、その場所に固有の出来事である。このような、映画のなかから立ち上がる経験を拾い上げようとして、それぞれの観客はスクリーンを凝視し、遠くから向かってくる車両の走行音を聴き取ろうとして耳を澄ますことになる。ここで映画は、観客の能動的な知覚を引き出すものとして機能し始める。

Advertisements