「空間から環境へ:同時代のインターメディアな活動と万博」採録

森美術館で開催された「メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン」の関連シンポジウムである、「空間から環境へ:同時代のインターメディアな活動と万博」の採録が公開された。戦後アヴァンギャルド芸術に関心を持つ者にとっては、何といっても山口勝弘の降臨が目玉だろう。他の出演者は磯崎新、一柳慧などであり、これを整理するのが浅田彰。彼は建築を中心とした話題で、磯崎とは今までにもよく対談しているように思うが、大阪万博以前の戦後アヴァンギャルド芸術それ自体への言及はそれほどなかったようにも思うので、なかなか興味深い試みだといえる。

「メタボリズムの未来都市展:戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン」
シンポジウム「空間から環境へ:同時代のインターメディアな活動と万博」
2011年12月18日
出演: 浅田 彰(京都造形芸術大学大学院長)、井口壽乃(埼玉大学教授)、磯崎 新(建築家)、一柳 慧(作曲家、ピアニスト)、山口勝弘(美術家) モデレーター: 片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)

第1回 「空間から環境へ展」とは
第2回 日常の意識を拡張する
第3回 建築、都市デザイン、政治から見た「環境」
第4回 大阪万博:テクノロジーと芸術の融合を試みた環境
第5回 新しい時代に向けたヴィジョンとしての環境

シンポジウム全体の論調は、当時の建築と芸術に表れた「環境」という概念を包括的に検討する良い内容であったと思う。個人的な欲を言えば、どうして大阪万博以後(1970年代中頃以降)の芸術・文化において「環境」という概念が注目されなくなっていったのかについてもスマートに整理して欲しかった。40年前に試みられた全感覚を包み込むインタラクティヴな環境を作る夢が、現在のテクノロジーによって、ようやく実現しつつある——という感じの無難なまとめに終わったのは、ちょっと物足りない。

Advertisements