福島復興再生の現状について(復興庁)

どうも自分が直接的にリスクに晒されていないと、何があったのかすぐに忘れてしまう人たちが多いのかもしれないので現状を貼っておく。なんとなく原発事故は終わったと思ってるのであれば、それは己の願望かもよ。事故そのものはもちろん、社会的にも全く終わっていない。関係ないからどうでもいいのであれば、もう好きなようにすればいいんじゃないかな、と思います。

www.reconstruction.go.jp_topics_20121025_fukusimasaisei-2

避難指示区域等からの避難者数※1
 約11.1万人

・避難指示解除準備区域 約2.2万人
・居住制限区域 約0.6万人
・帰還困難区域 約0.03万人
・警戒区域 約5.4万人
・計画的避難区域 約0.4万人
・旧緊急時避難準備区域 約2.5万人

※1 平成22年国勢調査及び各市町村からの聞き取りを基に、
原子力被災者生活支援チームで集計(平成24年9月19日時点)

福島県全体の避難者数
 約15.9万人( 避難指示区域からの避難者も含む )

(1)福島県内への避難者数※2 約9.9万人
(2)福島県外への避難者数 約 6.0万人

出典:福島県発表「平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(第688報)」(平成24年9月19日)
※2 親類宅等へ避難した自主避難者は含まれていない

福島復興再生の現状について(復興庁 平成24年10月)※PDF
http://www.reconstruction.go.jp/topics/20121025_fukusimasaisei-2.pdf

Advertisements

リンク

もしもあなたが実際の文言を読んでないのなら、一度は読んでみることをお勧めする。上段が改正案、下段が現行憲法なのですぐ読める。そのうえで好きにすればいいと思う。
自民党 日本国憲法改正草案(全文)

個人的には、第九条、第十二条、第十三条、第十八条、第十九条、第二十一条、第二十四条、第六十六条、第九十八条、第九十九条、第百条、第百二条あたりが気になった。例えば第百二条では、憲法が尊重という文言で国民を制限するかたちに変貌しているね。