「白昼夢—松本俊夫の世界」展のTumblr

kma

「白昼夢—松本俊夫の世界」展の記録が、Tumblrで公開されました。展覧会場の写真や、映像作品のスチルなどが掲載されています。
http://matsumototoshio.tumblr.com/
http://matsumototoshio.tumblr.com/archive(一覧)

これらの写真を見れば、おおよそ何が行われたのかは理解できると思う。会場内では、松本俊夫の映像作品をスクリーンでひとつひとつ観るのではなく、展示空間のなかに設置された作品群の相互関係において、松本俊夫のフィルモグラフィーを総体的に経験することが試みられていた。これは映画の領域に収まらないインターメディア的発想であり、『スペース・プロジェクション・アコ』や『つぶれかかった右眼のために』で目指されていたものの反復であるといえる。無数のイメージとサウンドが重なり合った、混沌とした空間。そのような空間を把握しようとする観客は、視界の端々に介入してくるイメージの断片や、渾然一体となって聴き取ることが困難なサウンドの塊に直面する。よって観客は、映画館のスクリーンや自室のモニターのように、ひとつの画面に集中して映像作品を鑑賞するのではなく、意識の集中を撹乱してくる視覚・聴覚的なノイズの束のなかから、その場所における自己の時間的・空間的認識を形成してゆくことになる。そのプロセスを、展覧会場の写真を通して想像してみて欲しい。

Advertisements