戦後前衛芸術のアーカイヴ公開

ニューヨーク近代美術館で昨年11月から今年2月にかけて開催された展覧会「Tokyo 1955–1970: A New Avant-Garde 」は、国際的な枠組みにおける複数のモダニズムの再検討というテーマを掲げていたといえる。そして先日、同様のテーマに沿ったプロジェクトとして、同館のC-MAP (Contemporary and Modern Art Perspectives in a Global Age Initiative)が立ち上げたウェブサイトであるPostが公開されました。詳しくはAMeeTに掲載された、ニューヨーク近代美術館の足立アン氏のコラムを参照のこと。

http://post.at.moma.org/
ページ上段のContentsをクリックすると、目次が開きます。慶應義塾大学アートセンターが所蔵する草月アートセンター関連の資料をはじめとする、美術にとどまらず映像や音楽など、広範な領域に及ぶ戦後前衛芸術の貴重な資料が大量に公開されています。

http://post.at.moma.org/content_items/21-matsumoto-toshio-selected-works *松本俊夫関連資料
screen_shot_2013-02-24
このなかには松本俊夫の実験映画やビデオアートも多数含まれています。Postにおける松本俊夫作品の公開は、UBUWEBとは違って作家公認であり、新たにプリントからやり直した映像作品のクオリティも高く、まあまあ良い画質(1280×720)での公開となっています。ちなみに松本俊夫作品で公開されているのは『西陣』、『つぶれかかった右眼のために』、『スペースプロジェクション・アコ』、『メタスタシス』、『モナリザ』、『色即是空』、『アートマン』、『シフト』、『エングラム』の抜粋と、これらの作品の関連資料です。こうやって誰もが作品プレヴューや一次資料にアクセスできる環境をつくることは絶対に必要であり、このような試みのなかから新しいコンテクストが生成されてゆくのだと思う。過去の国内の実験映画やビデオアートに欠けていたものは、まさにこの環境だろう。

追記:
「日本の電子音楽」も紹介されていました。
http://post.at.moma.org/sources/1/publications/67

Advertisements