Polizei räumt Favelabesetzung auf dem Messeplatz

第44回アート・バーゼルにおいて展示された川俣正のインスタレーションの占拠と、その排除の模様。川俣正のインスタレーションは南米の貧民街のバラックをコンセプトとした作品であったらしい。この作品への批判として自分たちでバラックを建てて、占拠を行っていた若者達が暴力で排除されていく。他の作品ならまだしも、この状況自体がよく出来た皮肉になっている。現代美術における社会性の限界が露呈した一例として記憶されていいだろう。

アート・バーゼル、川俣正の作品が刺激
Occupied VOIDCHICKEN(現場で見ておられた方のブログ。)
Video: Gewaltsame Polizeiräumung am Messeplatz

Advertisements