伊丹万作「戦争責任者の問題」

青空文庫で、伊丹万作「戦争責任者の問題」を読む。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html

戦後の復興期においては、映画のみならず美術・文学などの芸術・文化領域で、戦争協力者の批判と追放が比較的早い段階において行われた。しかしその過程で、戦争と個人との関係を、批判者一人一人が自分自身の問題として捉えていたかどうかは疑問も残る。そのなかで、この伊丹万作の文章は確かに厳しい批判を自分自身に差し向けるものであったといえるが、戦後数年をおいて、いわゆる逆コースが始まる状況を事後的に踏まえると、このような批判意識は広く人々に共有されることなく、責任の所在が曖昧という、いかにも日本的な「無責任の体系」に希釈され、回収されてしまったように見える。
(文学の領域において、そのような戦争責任の問題——正確には戦後の戦争責任の問題——が再び持ち上がるのは、1956年の「文学者の戦争責任」を待つ必要がある。そして、それを受けて、記録映画の領域において松本俊夫が1957年に「作家の主体ということ—総会によせて、作家の魂によびかける」を発表することになる。)

いま読み返しても、その厳しい批判性は価値あるものだと思う。長くなるが、重要な部分を引用して貼っておく。

 つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。
 そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。
 このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかつた事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかつた事実とまつたくその本質を等しくするものである。
 そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。
 それは少なくとも個人の尊厳の冒涜ぼうとく、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切りである。また、悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚である。ひいては国民大衆、すなわち被支配階級全体に対する不忠である。
 我々は、はからずも、いま政治的には一応解放された。しかしいままで、奴隷状態を存続せしめた責任を軍や警察や官僚にのみ負担させて、彼らの跳梁を許した自分たちの罪を真剣に反省しなかつたならば、日本の国民というものは永久に救われるときはないであろう。
「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。
 一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱せいじやくな自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

最北端から東京までの旅程

最北端から東京までの旅程において窓の外に目を向けてみる。すると地方が押し付けられてきたものを、まとめて見ることができる。いつもこんなものを見ていると、否が応にも日本の国土の小ささと、都市と地方の不均衡を実感させられる。これについて、感じたことを少し書いてみたい。

まず、飛行機代の節約のため、数時間かけて列車で札幌か旭川に出る。この途中で高レベル放射性廃棄物の地層処分についての研究を行っている「幌延深地層研究センター」がある幌延町を通過する(窓の外に建物自体が見える訳ではないが)。ここは20年間の研究期間のなかで、放射性廃棄物を地中深く埋める研究を行っている施設である。土壌に水が多いため、2月には掘削中に大量の地下水とメタンガスが噴出するという出来事があり、地層処分には不向きな土地であるといえる。

深地層研トンネルで大量出水 メタンガス噴出も : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2013年2月16日
 日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センター(幌延町)の掘削中トンネルで2月初旬、メタンガスの噴出と大量の出水があり、掘削工事を中断していることが14日、分かった。水はトンネル切り羽から出ており、一時は1時間当たり最大60立方メートル出ていたが、水を止める工事を進めた結果、14日現在、約20立方メートルまで下がっている。同センターは、大量に出水した点について「地下水の多いところで研究を行っているため」としている。
引用元: 深地層研トンネルで大量出水 メタンガス噴出も : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)※リンク切れ

一応、「研究実施区域は将来とも放射性廃棄物の最終処分場とはせず、幌延町に放射性廃棄物の中間貯蔵施設を設置することはありません。」という取り決めで研究が進められている。ちなみに、つい昨日、実物大熱源による地層処分の埋設実験を行うことが報じられた。

北海道・幌延に模擬廃棄物を埋設 来年度に深地層研、実物大熱源で試験(北海道新聞 07/19 06:10)
 高レベル放射性廃棄物の地層処分方法を研究する日本原子力研究開発機構幌延深地層研究センター(宗谷管内幌延町)が来年度、廃棄物に模した熱源を地下坑道に埋設する試験を始めることが、18日分かった。実際の処分と同じように特殊な粘土などで埋め、熱や地下水の影響などを調べる。本格的な埋設試験は国内で初めてとなる。
引用元: 北海道・幌延に模擬廃棄物を埋設 来年度に深地層研、実物大熱源で試験-北海道新聞[道内]

次に、新千歳空港もしくは旭川空港から飛行機に乗って羽田に飛ぶ訳だが、その航路のなかで、下北半島の真上を通過することになる。ここで窓の外に見えるのが美しい青森県の景色と、使用済み核燃料からウランとプルトニウムを取り出すための施設「六ヶ所再処理工場」である。尾駮沼の沿岸に立地しているので見つけやすい。奥に見えるタンク群は「むつ小川原国家石油備蓄基地」。

IMG_8348

そして、福島県は郡山市のちょうど上空あたりを通過して、羽田に到着する。羽田に到着すると、曜日によってはそのまま官邸前に行ったりするので、新橋で電車を降りて永田町まで歩く。歩きながらアフターファイブを楽しむ背広姿のサラリーマンたちとすれ違い、東電本社を目にする。ここは同じ国なのかというほどの落差を感じる。同じ社会じゃないみたいだ。

ひどく嫌なことを忘れようとする選挙

2年半前にあった、ひどく嫌なことを忘れようとする選挙。斎藤環は来週にもさっそく今回の参議院選挙を「震災忘却選挙」と呼ぶことになるのだろう。原発を推進し、憲法の役割を反転させようとする政党に賛成する人が大半なのだとすれば、もう勝手にすればいいと思う。原発事故は忘却され、なし崩し的に憲法改正が推し進められ、社会の多様性は削がれてゆく。それが国全体をリスキーな方向に向ける行為にしか見えなくとも、多数がそれを選び取るのだとすれば、もう仕方ない。

結局のところこれは、社会的な想像力の欠如なのだと思う。お金の有る無しは誰にとっても生活に関わる問題なので、みんな景気の先行きには関心を持っているが、原発関係の問題となると、みんなこれを自分に直接関わってくる社会的な問題として捉えようとしない。地下水から相変わらずトリチウムが検出されようとも、ずさんな管理のもとで警戒地域が解除されようとも、庭先に除染によって発生した土砂を埋められる人がいようとも、自分の生活に直接降りかかってこないのならば、それは他人事に過ぎない訳だ。次の原発事故が起こるまでは、多分この調子だろう。

憲法の問題については、現行の憲法と、与党による憲法改正案のリンクを貼っておくので、もし未読の方がいれば一度は読み比べてみて、どのような価値観のもとで与党が96条の改正を進めようとしているのか確認してみてはどうだろう。改正の議論そのものは悪いことではないとしても、背景にある価値観が丸見え過ぎる。
1:国立国会図書館 日本国憲法
2:自民党 日本国憲法改正草案(全文)
本質的に、これは9条だけの問題ではない。全体として明らかに憲法の役割は反転しており、国民を統制する方向に向かっている。ここで規範化されている価値観について、東浩紀は細野豪志との対談のなかで明治国家的な保守と評していたが、それを志向してしまう心理というのは、やはり(何十年も続く廃炉作業を含む)過酷な現実の忘却を求めてのことなのかもしれない。(ちなみにこの対談の中では「戦後リベラルではなく、明治的保守に対抗する“新しい保守”のイメージとして、明治以前のものをポジティブに参照するべき」という見解も出されていて面白い。)
DPJ-STUDIO22 #14 2013.07.17(41:00〜51:00あたり)

まあとにかく、選挙については大概うんざりなので早いところ終われといった感じなのだが、勝手にしろといいながらも、できれば社会的な想像力を少しだけ働かせて投票を行って欲しい。他人事だと思っていても、最終的に社会的なものからは逃げられないよ。

小冊子『熱風』

ジブリが発行している冊子『熱風』が無料公開されている。
http://www.ghibli.jp/10info/009354.html

特集名は「憲法改正」。主眼になっているのは憲法九条であり自身の幼少期の体験談が中心の内容であるが、一読の価値はある。こういうスタンスをはっきり表明できる著名な映画監督も、すっかり少なくなった。

小冊子『熱風』7月号特集 緊急PDF配信のお知らせ

『熱風』7月号の特集は「憲法改正」です。
この問題に対する意識の高さを反映したためか、7月号は多くのメディアで紹介され、編集部には「読んでみたい」というたくさんの問い合わせがありました。
しかし取扱書店では品切れのところが多く、入手は難しいようです。今回編集部では、このような状況を鑑みて、インターネットで、特集の原稿4本を全文緊急配信することに決定しました。
ダウンロードは無料、配信期間は8月20日18時までです。

選挙前の官邸前

選挙も近いので、いつものように反原連の官邸前抗議にやって来た。で、テレビのニュース番組にインタビューされた。使われないことを祈るよ…。遠くから、ECDのコールが聴こえてる。

Prurientの変遷

Cut Handsの音源がFACTのフリーダウンロード・ミックスで使用されたことを、ウィリアム・ベネットがネットで告知していたので、何気なくその流れで、暇に飽かしてFACTの過去のミックスを漁る。すると最初の目的から外れて、興味深いミックスをいくつか発見。どれも二年くらい前のものだけど、パーカッシヴな民族音楽だけを選んだウィリアム・ベネットのミックスや、サイケやハードロックばかりを選んだデヴィッド・チベットのミックスなど。

そして、Prurientことドミニク・フェロウのミックスを発見して聴くが…これが大変興味深かった。数年前までは、ハーシュノイズ/パワーエレクトロニクスとブラックメタルを愛好・演奏しながら、真っ赤な内装のレコード屋兼レーベルをやっている青年という認識しか持っていなかったのだが、こういう音楽の聴き方をしていたのか。ここではRegis / Femaleのようなミニマルと、Mörder Machine(Atrax Morgue)やAlberichのような腐食した暗鬱としたノイズが同一の地平で繋がっている。ドミニクはダークウェイブ/シンセポップを演奏するCold Caveに参加したり、Vatican Shadow名義ではMODERN LOVEからもリリースがあったりと、とても面白い音楽的変遷を辿っていると思う。カセットテープでリリースされるようなノイズ/インダストリアルと、MODERN LOVEがリリースするような洗練されたダブの要素を含んだミニマルが、一人の音楽家の活動のなかでこんなにスムーズに繋がるとは。この調子でMuslimgauze的ポジションを押さえてほしい。

以下、Prurientの変遷。耳に痛いフィードバックを使用した、ハーシュノイズ/パワーエレクトロニクス時代から、ハーシュでありながら良い感じにリズミック(叫び方がどことなくブラックメタル的)なライブと、テンション高くて踊り過ぎなCold Caveのライブを挟んで、ダンサブルなVatican Shadowとしてのライブという順番。



EXP 牧野貴/[+]上映会:Ghost of Cinema

exp_top

牧野貴の西日本上映ツアーと、同志社大学での[+]上映会が、今週末から来週にかけて行われる。詳細な日程は、以下のサイトを参照のこと。DVDに収録されていない近作や、ライブ上映などが盛り沢山なので、是非。
http://doom-insight.net/exp/

doshisha_top
同志社大学での[+]上映会では、牧野が提示したコンセプトである「映画における魔術的なもの」に関わるプログラムが組まれている。
http://doom-insight.net/exp/doshisha.html

 今回選んだ全ての作品には共通点が有ります。それは今日における映画の発展とは何かという事を無言で問いただす、非常に希有で個性的な主張をする映像作品であるという事です。
 全ての作品は、デジタル技術や言葉に依存する事無く、また過去のフィルム文化への偏愛を主張する事も無くそれぞれの方法論において、それぞれの言語において作品を完成させています。映画の発展とは何か、それは何処から来るのか、それは人間の自由な想像力と発想しか有りません。自由な発想と想像力が映画という魔術的方法と奇跡的に出会った場合にのみ、新しい映画と呼び得るものが突如として、忽然と闇の中に浮かび上がるのです。
 現存する技術を購入してマニュアル通りに使用するだけでは絶対に生まれない、豊かな想像力に溢れた魔術的映画を、どうぞ体験して下さい!

牧野貴

日時:7月9日(火)
料金:500円均一 *同志社大学学生・教職員 無料
会場:同志社大学寒梅館クローバーホール
お問合せ:同志社大学今出川校地学生支援課 tel:075-251-3270
主催:同志社大学今出川校地学生支援課、 [+]

17:30 開場
18:00 上映
19:40 牧野貴ティーチイン「映画における光学的/魔術的考察」

上映作品
『RECONNAISSANCE』 ヨハン・ルーフ
『RIVER RITES』 ベン・ラッセル
『INITIAL VAPOR』 葉山嶺
『Just Ancient Loops』 ビル・モリソン
『2012』 牧野貴

デジタルシネマの解像度が35mmフィルムと遜色ないレベルに到達し、画面上においてフィルムと近似したガンマカーブやカラーバランスを実現できるようになった現在、それでもなお、フィルムにのみ存在し、デジタルシネマにおいて存在しないものとは何か。

35mmであれ16mm/8mmであれ、フィルムによって制作された映画には、必ずフィルムに固有の「魔術的なもの」が宿ると言ったとき、その魔術的なものとは何を指すのか。おそらくそれは、物質的支持体によって成立するフィルムにおいて不可避な、偶発性や不確定性の介入に他ならないと思う。微細に泡立つ粒子の運動、フレームの揺れ、スクラッチノイズ。これらの介入は、撮影されたイメージに対して、思わぬ形での魔術的な効果——現実の変容——を付け加える。その効果は絶大であり、何気ない日常風景を捉えた未現像のフィルムが、自家現像によって超越性を持ったイメージに変貌するという現象は、映像作家なら一度は経験したことがあるはずのものだ。

これは多くの映像作家を惹き付けて離さない、フィルムに固有の経験である。しかしながら私は、フィルム文化への愛着を表明して年々困難になるフィルムによる制作環境と格闘しながら、フィルムに固有の「魔術的なもの」に拘り続けることが、映像芸術全体で見た時に、どのような意味を持つものなのか、疑問を感じてもいる。もちろん自分の作品を実現することが、作家にとっては最大の目的なのだから、それは果たされるべきであるが。

では、もう一方の現在形のデジタルシネマにおいて、「魔術的なもの」は存在し得るのかというと、フィルムと同じような形では存在しないといえる。メーカーの規格に沿って管理されたデジタル環境においては、偶発性や不確定性といったものの存在は排除されるべきものである。たとえ、プラグインとして用意されたエフェクトによって、フィルムに固有の「魔術的なもの」を真似たとしても、それはあくまで偶発性や不確定性の模倣に過ぎない(ただし、プログラミングによって完璧なランダム性を作品内部に実装したのであれば、少し話が変わってくるだろうが)。

デジタル環境で制作された映画において「魔術的なもの」はいかにして存在可能なのか。フィルムとデジタルという、それぞれのメディアの固有性を越えた「映画における魔術的なもの」を考察し、拾い上げてゆくこと。おそらくこの問題は、近年の牧野が一回性を持ったライブ上映に可能性を見出しつつあることと無関係ではない。これは現時点では未来に向かって開かれた問いである訳だが、このプログラムにその解答となるような萌芽を見つけることは可能だろうか、暗闇のなかで立ち会ってみて欲しい。

念のために述べておくが、ビデオアートにおいて取り組まれているようなメディア批判的な方法論は、ここで扱っている問題とは方向が異なる。ここで扱っている問題とは、映画における心理的な問題に関わる。