トラクターとデモ

幌延の深地層研究センターに関しては、あくまで研究施設であって放射性廃棄物は持ち込まないという三者協定が結ばれているが、このところ、どうも先行きが不透明になっている気がする。今年2月には掘削中にメタンガス噴出と、大量の地下水が湧き出す事件があったというのに、4月からの報道を並べてみてもこんな感じである。

・核のごみ最終処分 候補地「道内も対象」 エネ庁室長も明言(北海道新聞 2013年4月4日)※リンク切れ
 「原発から出る「核のごみ」高レベル放射性廃棄物の最終処分地の選定について、経済産業省資源エネルギー庁は、誘致に関心のある自治体に候補地としての調査に応募するよう申し入れることを検討している。これに関連し、鈴木洋一郎・エネ庁放射性廃棄物等対策室長は北海道新聞の取材に対し、核のごみの持ち込みを禁じた道の条例があるからといって、道内の自治体を申し入れの対象から外す理由にはならないとの見解を示した。」

・深地層研、北海道・幌延で模擬廃棄物の埋設試験(日本経済新聞 2013年7月19日)
 「高レベル放射性廃棄物を深い地層に処分する研究を進める日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センター(幌延町)は2014年度、実物大の模擬廃棄物を地下の坑道に埋設する試験を始める。実物大で発熱する模擬廃棄物を使った本格的な試験は国内で初めて。」

・幌延・深地層研:「廃止ありえない」 文科省改革案で所長が強調(毎日新聞 2013年08月10日)
 「日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センター(深地層研)は9日、幌延町で昨年度の調査研究成果に関する住民説明会を開いた。文部科学省が8日、高レベル放射性廃棄物の地層処分を研究している深地層研と瑞浪超深地層研究所(岐阜県)の統廃合を盛り込んだ改革案を示しており、質問が相次いだ。」「深地層研の清水和彦所長は改革案について「寝耳に水。これから本格的な試験が始まる。廃止はありえない」と幌延での研究の意義を強調。施設のNUMOへの移管を否定し、事業終了後に埋め戻す地元との協定は守るとしながらも、埋め戻す時期は「決まっていない」と述べた。」

この問題について、幌延町の隣りの豊富町で抗議集会とデモが行われるというので、少し気になってバイクを一時間ばかり走らせて、豊富町まで見に行って来た。450人が集まったという集会で鎌田慧氏らの講演を聴いてから、デモの様子をiPhoneで撮る。トラクターが先導するデモというのは初めて見た。これが北海道スタイルか…。のどかな風景のなかを進むデモは、なかなか良かった。原発の必要性を容認する意見といったものは、最終処分の問題と自分の生活圏を切り離したうえで発される意見であり、所詮は東京の論理に過ぎないんだよなあ、と実感した。帰りに豊富温泉のふれあいセンターに寄って温泉につかり、鹿肉ジンギスカンを食べて一服し、暗くなる前に帰路についた。

IMG_0973

・核のごみ最終処分地反対 北海道・幌延の隣町・豊富で全道集会(北海道新聞 2013年9月8日)
 「宗谷管内幌延町の幌延深地層研究センターで行われている高レベル放射性廃棄物の地層処分研究と最終処分場化などに反対する集会(道平和運動フォーラム主催)が7日、幌延の隣町の同管内豊富町で開かれた。」

Advertisements