クリス・マルケルのDVDリリース状況

自分の置かれてる条件が違えば、長い休みを取って山形国際ドキュメンタリー映画祭にマルケルを観に行くことも出来たのだろうが、やっぱり観に行けそうにない。平日含め一週間かけてマルケルの映画を地方都市で上映するなんて、時間と研究費のある大学教員か、私生活を映画に差し出したハードコアな観客でもなければ観に行くことは困難だ。そして自由な時間と潤沢な研究費、どちらも自分は持ち合わせていなかった…。

とにかく、今年の山形国際ドキュメンタリー映画祭におけるクリス・マルケル特集「未来の記憶のために―クリス・マルケルの旅と闘い」は本当に素晴らしい。『ラ・ジュテ』の印象が強いマルケルを、ドキュメンタリー映画作家として全体的に捉え直す試みになっている。アンスティチュ・フランセは、同様のマルケル特集を東京でもやってくれないだろうか。心の底から悔しいので、切にお願いします。

余りに悔しいので、マルケルのDVDリリース状況を調べてみたところ、近々このようなボックスがリリースされるらしい。これは紀伊國屋辺りが日本語字幕版を出さなければ許されない物件だと思う。他にも『北京の日曜日』+『シベリアからの手紙』、『オリンピア ’52』等の作品も、DVDリリースの予定に挙がっている。意外とマルケル作品のDVD化は進んでいるようだが、それでも今回の山形を逃すと次はいつ観られるか分からない作品の方が多い訳で、やはり悔しい。

・Chris Marker – Coffret 10 DVD
http://video.fnac.com/a6240006/Chris-Marker-Coffret-10-DVD-DVD-Zone-2
1- La jetée
2- Le joli mai
3- Loin du Vietnam
4- La solitude du chanteur de fond
5- Le fond de l’air est rouge
6- Sans soleil
7- A.K.
8- Mémoires pour Simone
9- Le tombeau d’Alexandre
10- Chats perchés

追記:
知人が山形に行ってきたと言うので、何を観てきたのか聞いてみた。するとマルケルだけ観てきたという。しかも彼は恵まれたポジションにある大学教員はないので、全て自腹で、平日の時間を割いて観に行ってきたという。私生活を映画に差し出したハードコアな観客が、すぐ身近にいたことに感動した。本気でリスペクトだ…。

Advertisements