Vertical Cinema @ KONTRASTE FESTIVAL

オーストリアで10月10日〜13日にかけて開催される実験映画と実験的な音楽のためのフェスティバル、KONTRASTE FESTIVALにおいて「Vertical Cinema」というプログラムの世界初演が行われる。ここにヨーロッパをツアー中の牧野貴が参加している。

このプログラムは、垂直方向に設置されたスクリーン(90度回転したような形になる)に向かって、映画をプロジェクションするという異様な試みで、拡張映画のように、通常の映画上映とは異なった映画的経験を生み出そうとするものである。しかも上映会場が教会(Klangraum Krems)ということで、このような特殊上映による垂直性(上昇性)の強調は、観客の意識の中にある種の宗教的超越性を想起させるだろう。だが、そもそも集団で映画を観るという行為自体が、バラバラな存在である個々の観客をひとつの共同体として結びつけるものであったことを思い返そう。これは映画形式の実験・再構築であると同時に、映画の心理的作用のある側面を極端化させる試みでもあるといえるだろう。

また、KONTRASTE FESTIVALはコンサート・プログラムも極めて豪華で、ラ・モンテ・ヤング直系のドローンを作曲・演奏するCatherine Christer Hennixをはじめ、電子音楽の歴史的先駆者であるMorton Subotnick、Phill Niblock、Thomas Ankersmit等が出演する。映画と美術と音楽を横断する、日本では絶対にあり得ないフェスティバルだといえる。

以下、「Vertical Cinema」についてのプレスを引用しておく。
Programme_VerticalCinema_Promotionfoto

VERTICAL CINEMA (WORLD PREMIERE)
Vertical Cinema is a programme of ten new films by avant-garde filmmakers, musicians and visual artists, printed on celluloid and projected vertically by means of a specially developed set-up. This site-specific cinema can only be fully experienced when projected live!
The premiere of Vertical Cinema features works by Tina Frank (AT), Björn Kämmerer (DE/AT), Manuel Knapp (AT), Johann Lurf (AT), Joost Rekveld (NL), Rosa Menkman (NL), Billy Roisz (AT) & Dieter Kovačič (AT), Makino Takashi (JP) & Telcosystems (NL), Esther Urlus (NL), Martijn van Boven (NL) & Gert-Jan Prins (NL).
Vertical Cinema is a project by Sonic Acts & Kontraste Festival 2013. In cooperation with Österreichisches Filmmuseum, European Space Agency and Filmtechniek BV, with generous support by Mondriaan Fund.

KONTRASTE FESTIVAL2013

追記:
牧野貴のフェイスブックにて、上映の模様が公開されていたので転載。これもまた映画の一形態であると言える。上映は35mmフィルムなのだが、映写機も横向けで設置されている。
1240452_431888386921859_1109442165_n1374712_431888103588554_628122855_n1379588_431888570255174_2138919011_n

Advertisements