Vertical Cinema @ International Film Festival Rotterdam

DEORBIT from Sonic Acts on Vimeo.

今年のロッテルダム国際映画祭には、「Vertical Cinema」のプログラムが持ち込まれる(当初、上映は1/24の一回のみだったけど、追加で二回上映になった模様)。大変貴重な機会だと思う。過去のエントリーでも書いたように、これは35mm映写機を横倒させるかたちで設置し、垂直に立てられたシネスコのスクリーンに映画を投影するという試み。しかも、このプログラムのための作品を委嘱されたのは、Joost Rekveld、Tina Frank、Björn Kämmerer、Gert-Jan Prins & Martijn van Boven、Manuel Knapp、Johann Lurf、Rosa Menkman、Billy Roisz & Dieter Kovacic、牧野貴 & Telcosystems、Esther Urlusなど、現在進行形の作家ばかりである。
http://www.filmfestivalrotterdam.com/en/iffr-2014/events/vertical-cinema/

上記エントリーに貼付けたトレーラーは、牧野貴 & Telcosystemsによる『Deorbit』(17’30”, 2013)である。まず、牧野が高解像デジカメ撮影によって粒子状のテクスチャを作成し、そこにテレコシステムズがプログラミングによって生成したデジタルの粒子を付加することによって、ベースとなるイメージが作り出される。このベースに、さらに天体写真が重ね合わされて、イカロスの神話をモチーフとした飛翔と墜落の映画が展開される。なお、本作の制作環境はデジタルによるものだが、最終的には35mmフィルムにキネレコされている。これはフィルムへの偏愛というよりも、パラシネマ的な映画というメディアの読み直しとして捉えるべきだろう。

追記:
この他にも、西川智也の『45 7 Broadway』(5”, 2013)もSpectrum Shortsのなかで上映されることに先ほど気がついた。
http://www.filmfestivalrotterdam.com/en/films/45-7-broadway/

Advertisements