Vatican Shadow Boiler Room LIVE Show

何故自分は Vatican Shadow に惹き付けられるのか。私はこれを今までにない新奇な音楽として聴いているのではない。だからといって過去のある音楽のスタイルを懐古しているのでもなく、ポストモダン的な複数化された歴史観で捉えているのでもない。歴史(文脈)がそもそも不在というか…例えば、ある種のブラックメタルのアンビエントを初めて聴いたときに受けた衝撃に近いのだけど、変な例えなんで分かる方にだけ伝わればいいです。

追記:
これも歴史(文脈)が不在な音楽。ベネットがホワイトハウスのような反音楽をやっていたことを差し引いても、そう思う。民族音楽っぽいリズムが格好良いとか、そういうレベルじゃない所で面白い。

Advertisements