それでも、まだ

・首相会見「行使容認視野に与党協議へ」(NHK 5月15日)
安倍総理大臣は、有識者懇談会からの報告書の提出を受けて記者会見し「日本の安全に重大な影響を及ぼす可能性があるとき、限定的に集団的自衛権を行使することは許されるという提言は従来の政府の基本的な立場を踏まえたものだ」として、憲法解釈の変更によって限定的に集団的自衛権の行使を容認することを視野に与党協議に入り、法整備を進めていく考えを表明しました。

引用元: 首相会見「行使容認視野に与党協議へ」 NHKニュース.

・首相、憲法解釈変更に意欲 集団的自衛権行使容認へ(朝日 5月15日)
安倍晋三首相は15日、首相官邸で記者会見し、密接な関係にある他国を守るために武力を使う集団的自衛権について、「与党協議の結果に基づき、憲法解釈の変更が必要と判断されれば、改正すべき法制の基本的方向性を閣議決定していく」と述べ、行使容認を目指す考えを表明した。

引用元: 首相、憲法解釈変更に意欲 集団的自衛権行使容認へ:朝日新聞デジタル.

これで立憲主義は事実上失われる。今後は、時の政権が恣意的な解釈を振るってゆくことだろう。日本人は自分の人生に災いが降り掛からなければ、あらゆる問題を自分の事として捉えられない。現内閣が憲法を空文化しても、それでもまだ内閣支持率が下がらないのであれば、もう望み通り、彼らの支持者たちにその先にあるものを体験してもらうしかないと思う。嫌だが。

Advertisements