TBS名作ドキュメンタリー特選 「日の丸」&「あなたは・・・」

・TBS名作ドキュメンタリー特選〜萩元晴彦〜現代の主役「日の丸」
構成:寺山修司
ディレクター:萩元晴彦
制作:TBS
http://tod.tbs.co.jp/item/2172/

日の丸と言ったらあなたはまず何を思い浮かべますか?
あなたの家には日の丸がありますか?
日の丸を振ったことがありますか?
祖国と家庭、どちらを愛していますか?
外国人の友達はいますか?
日の丸の赤は何を意味していると思いますか?
日の丸を振ることがあるとすれば、いつ、何のためにだと思いますか?

性別も年代も様々な人にマイクを向け、日本人の日の丸に対する意識、国家観、愛国心などを探ったテレビドキュメンタリー不朽の名作。構成は寺山修司が担当。
(1967年2月9日放送)

・TBS名作ドキュメンタリー特選〜萩元晴彦〜ドキュメント「あなたは・・・」
構成:寺山修司
音楽:武満徹
ディレクター:萩元晴彦、村木良彦
スチール:石元泰博、東松照明、長野重一
制作:TBS
http://tod.tbs.co.jp/item/2171/

今一番欲しいものは何ですか?
もしあなたが総理大臣になったら何をしますか?
愛されていると思いますか?
もし今1万円もらったらどうしますか?
何歳まで生きられると思いますか?
戦争の日を思い出す時はありますか?
昨日の今頃は何をしていましたか?
あなたにとって幸福とは何ですか?

サラリーマン、ボクサー、モデル、子供、主婦、アメリカ兵・・・。東京の街で出会った老若男女829人に同じことを質問し、その答えによって構成したテレビドキュメンタリー。寺山修司が構成を担当。意表を突く場所で意表を突く質問をするという画期的な手法は、当時大変なブームを呼んだ。テレビドキュメンタリーの原点とも言える伝説的番組。昭和41年度(第21回)芸術祭奨励賞受賞。
(1966年11月20日放送)

TBSオンデマンドで、60年代に萩元晴彦、村木良彦が手がけたテレビドキュメンタリーを幾つか観ることができる。集団的自衛権が閣議決定され、今後は解釈によって憲法が空文化してゆくことになる前夜だからこそ、特に上記2作品は観ておきたい。ここに記録された50年ほど前の日本人と、今の日本人に共通するものがあるとすれば、社会的立場の曖昧さを挙げることが出来る。この曖昧さを、あらゆるイデオロギーを脱臼する非決定的な態度として自覚的に捉えることが出来ていたならば、それはある種の政治的な強さにもなり得たのだろうが、それは空想に過ぎなかった。生前のドナルド・リチーさんにインタビューを行った際に伺った、「戦争の前と同じだ」という彼の言葉が思い出された。

Advertisements