引き返せぬ地点

・憲法解釈変更7月1日決定へ 集団的自衛権で政府が最終調整(2014/06/30 12:47 共同通信)
「政府は、集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定について7月1日に実施する方針で最終調整に入った。菅義偉官房長官が30日の記者会見で「与党で調整できれば、明日行いたい」と表明した。自民、公明両党は1日の閣議決定を目指し、正式合意前の意見集約を続行する」

引用元: 憲法解釈変更7月1日決定へ 集団的自衛権で政府が最終調整 – 47NEWS(よんななニュース).

長いスパンで捉えるならば、いよいよ半藤一利が言うところの「ノー・リターン・ポイント(引き返せぬ地点)」が間近に見えて来たんじゃないかと思う。明日に備えて、改めて憲法の条文を確認しておこう。

・第98条 【最高法規、条約及び国際法規の遵守】
第1項 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、 詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

・第99条 【憲法尊重擁護の義務】
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

追記:
タイムラインに流れて来たツイートから。行きたかった…。

Advertisements