Guy Sherwin – Short Film Series 1975-2014

eyeGuy Sherwin – Short Film Series 1975-2014(16mm, Silent, 98min)

まず撮影時の環境や、映画用16mmカメラの光学系や内部機構を、一つの集合的なメディウムとして捉えてみよう。そのような前提に立った時、このDVDに収録されたガイ・シャーウィンの作品は、ちょっとした工夫によってキャプチャーされた、撮影場所の環境(および運動)の記録として立ち表れる。これら34本の短編作品は、すべて100フィート(時間に直すならば3分足らず)の長さであり、各作品ごとに、ささやかな工夫を組み込んでいる。いずれも事後的なオプチカル処理(合成や再撮影)に頼ることはしていない。例をいくつか挙げてみよう。

・「Metronome」:コマ撮りによって、窓から差し込む陽光の動きをアニメーションとして描く。しかし陽光の運動とは別に、机上に置かれたメトロノームが一定の時間を刻んでおり、映像の中に二つの別種の運動が仕込まれていることが分かる。
・「Tree Reflection」:画面の上下を区切る形で、「実物の木」と、水面に映し出された「虚像の木」を対比させる。そして、途中からカメラの位置を上下逆転させたり、多重露光や逆転撮影も併用しながら、虚構と実像を多層化させてゆく。
・「Hand/Shutter」:鏡に向き合った撮影者と16mmカメラ。撮影者は手で自分の両目を覆い、次にカメラのレンズを覆うという動作を繰り返す。それにより、「観客(=カメラ)が見ているものを撮影者が見ていない、あるいは撮影者が見ているものを観客(=カメラ)が見ていない」という状況がつくり出される。
・「Tap」:水の入った皿が床に置かれている。この対象を撮影するカメラのフォーカスは、往復的に操作され、皿のなかの水面に映し出された風景にピントが合ったり、床と皿そのものにピントが合ったりする。

このような作品群がタイトルの表記すらなく、断片的に提示される。こうやって文章で説明されただけではコンセプチュアルで無味乾燥な作品を想像するかもしれないが、フィルムに定着されたイメージは、モノクロならではの柔らかさを持った、詩情豊かなイメージとなっていることも強調しておきたい。

これらの作品を観るという行為は、スクリーン上のイメージを結節点として、観客と世界の関係を再構築するものと言えるだろう。映画とはある意味、撮影場所の環境と、そこで繰り広げられる運動を変形させる行為であると言えるが、このようなオプチカル処理に頼らないダイレクトな制作プロセスは、その異化効果を極限まで際立たせる。それは観客の意識の中において、空間と時間についての認識を変化させるものである。

DVDパッケージには、作品タイトルが記された34枚のカードが封入されている。
guy

Advertisements