本日の散財

・Bill Morrison – Collected Works (1996-2013) / BD, DVD
・Maurice Lemaitre – Poemes Et Musiques Lettristes Et Hyperphonie / LP
・John Duncan & Jim O’Rourke – Yeah / LP
・Pauline Oliveros – Accordion & Voice / CD
・Pauline Oliveros – The Wanderer / CD
・Akos Rozmann – Images of the Dream and Death / 3LP
・Organum – Submission / LP
・Organum – Horii / 12″

九月前半の散財。ちょっとレコに対する意欲が戻って来たか。まず、Alga Marghenがリリースしたレトリスムの詩人モーリス・ルメートルのLP。過去のレコードからの編集版だが、初出音源も含まれているようだ。ジョン・ダンカン+ジム・オルークのLPは、クリストフ・ヒーマンのスタジオで過去に録音されていた音源を収録。やっぱり私が最も関心を持てるオルークの仕事とは、このような電子音楽・テープ音楽の延長線上でノイズの領域に関わった作品である。あまり日本のショップに入荷していない気がするが、京都の新しいウェブショップにて発見。前回の再発を買いのがしたまま忘れていたポーリン・オリヴェロスの初期作品は、「The Wanderer」に収録されたチュードアによるバンドネオン演奏が目当て。あとは、ユニオンで見つけた中古レコ。Megoが最近リリースしたアコス・ロズマンの3LPと、オルガヌムの過去作品2枚。前者はノイズとして聴取することが可能な現代音楽の文脈にある電子音楽。後者は再発・編集版では持っていたが、比較的安価でオリジナルを発見したので押さえた。実験映画の方は、ビル・モリソンの作品集をプレオーダー。5枚組みなのにとても安い。

Advertisements