マイケル・スノウ 音楽作品レヴューまとめ

マイケル・スノウのコンサートに向けて、勢いだけで書いたレヴューをまとめた。CCMCはあと1枚持ってるはずだけど、これで打ち止め。改めて強調しておきたいのは、スノウの音楽的側面を「ジャズミュージシャン」のひと言で括ることは、到底出来ないということ。むしろ、フリージャズ、サウンド・インスタレーション、ミニマルなテープ音楽、疑似民族音楽などの多面体として捉えられることによって、その音楽的形式や慣習の異同が前景化してくるのだといえる。「ジャズミュージシャン」という言葉に囚われている人は、とにかく『The Last LP 』と『Musics For Piano, Whistling, Microphone And Tape』だけは聴いてほしい。そのうえで、コンサートに赴こう。

・Michael Snow ‎– The Last LP CD: Unique Last Recordings Of The Music Of Ancient Cultures
・Michael Snow ‎– Hearing Aid
・Michael Snow ‎– 2 Radio Solos
・Michael Snow ‎– Sinoms
・Michael Snow ‎– 3 Phases
・Jack Vorvis and Michael Snow ‎– Black And White
・CCMC + Christian Marclay ‎– CCMC + Christian Marclay
・Larry Dubin and CCMC – The Great Toronto Drummers Greatest Recordings
・CCMC – Volume 4 – Free Soap
・Michael Snow – Musics For Piano, Whistling, Microphone And Tape

IMG_7797
スノウの実験映画については、いまさらレヴューしなくても良いだろう。『WVLNT』については「表象」でも少しだけ触れているので、そちらを。

Advertisements