2014


・Vatican Shadow – Death is Unity with God / 6Cassette
・Anastenaria – Music of the Firewalkers / 2LP
・The New Blockaders ‎– Anti Manifesto / Cassette
・Richard Rupenus & Nobuo Yamada – 81/44‎ / LP
・Genocide Organ – KwaZuLu-NaTaL / LP
・Grim – Beautiful Morning / 7″
・Jim O’Rourke / John Duncan ‎– Yeah / LP
・V.A. – Music from the Tudorfest / 3CD
・Muslimgauze – Chasing the Shadow of Bryn Jones 1983-1988 / 10LP+10″+CD
・Norikiyo – 如雨露 / CD

リイシューは極力除外したが、今年はmenstrualrecordingsやGrim/Vasiliskのリイシューなどが集中していて、大変充実した年だった。それでもMuslimgauze初期作品のアーカイブ的ボックスは特筆すべきリリースだったので、一応含めた。こんな感じの一年でした。

ところで、boomkatにウィリアム・ベネットのチャートが掲載されていたのだが、その半数が韓国などのポップスだった。これは何も奇を衒った訳ではなく、ベネットにとっては、このようなポップスの大衆性こそが本当に興味深いものなのだろう。私としては、そんなベネットの思考が興味深い…。
http://boomkat.com/collections/william-bennett-2014-chart

Advertisements