第7回恵比寿映像祭「ケン・ジェイコブス:知覚のアドヴェンチャー」

アメリカ実験映画の代表的作家のひとりである、ケン・ジェイコブスの特集。基本的なことを述べておくならば、ジェイコブスは映画の機構をコンセプトとする構造映画を始めとする作品を手がけてきた作家であり、1905年の映画(ビリー・ビッツァーによる)から取られた短いフッテージを2時間以上の作品として再構成した『トム、トム、笛吹きの子』(1969)などの映画によって知られている。2000年代からは、僅かに視差のずれた静止画像をネガポジ反転させたうえで数フレーム単位で反復させる擬似立体視手法を使用しており、パラシネマ的な「映画の再発明」に取り組んでいる。このところ日本国内の言説では商業的ではない3D映画というと、飛びつくようにしてゴダールの『さらば、愛の言葉よ』が論じられるという、それ自体興味深い状況が展開されているが、ともあれ、映画におけるメディウムの定義をやり直すなかで「映画の再発明」を考えるのならば、ジェイコブスの近作は避けて通ることが出来ないものであり、そこに異論を挟む人はいないだろう。今回の特集では『ディスオリエント・エクスプレス』と、擬似立体視手法を用いた『もうひとつの占領』と『モンキーキングを探して』が上映された。


jacobs01
・ケン・ジェイコブス – ディスオリエント・エクスプレス Ken Jacobs – Disorient Express
35mm, 30min, 1996
1906年の映画から取られたフッテージを引用して、同一の像なのに条件が異なるだけで知覚が全く違うものを見出すということを明らかにする作品。元々のフッテージは、山中を走る機関車が駅に到着するまでの過程を、機関車上から撮影した数分間のフィルムである。このフッテージが左右に並べられ、再生方向の正逆の反転と、フレーム上下の反転という、二つの要素の最小限の組み合わせによって提示される。組み合わせのバリエーションは以下のとおり。

パート1:フレーム上下逆、再生正方向、左右両面
パート2:フレーム上下正、再生正方向、左面のみ、終了時にそのままパート3につながる
パート3:フレーム上下逆、再生逆方向、右面のみ
パート4:フレーム上下逆、再生逆方向、左右両面、終了時にそのままパート5につながる
パート5:フレーム上下逆、再生正方向、左右両面

パート1では、観客はスクリーン上においてセンターラインから溢れ出す抽象的なイメージを見ようとするだろう。しかし、パート2の正常な映写において、観客はその映像が元々は列車の運行を撮影した、何の変哲もないものであったことを了解する。そしてパート3・4において、段階的にフッテージに対する操作が加えられてゆき、最後のパート5においてはパート1が反復されることになる。ここで映画は人間の知覚作用の脆さを明示するものとして機能することになり、観客に興味深い現象をもたらすものとなる。すなわち、観客がそこに元のイメージを見出そうとするならば、スクリーンには列車の運行が立ち現れ、逆に抽象的なイメージを見出そうとすれば、スクリーンから列車の運行が完全に消え去るのである。この映画において何を観るかは観客それぞれの意識に委ねられる。モノクロ。サイレント。
(ネット上に低解像度のアンオフィシャルなムービーがアップロードされているが、あれを見て映画を知った気になるのもどうかと思うので、URLは貼らないでおく。)

jacobs02
・ケン・ジェイコブス – もうひとつの占領 Ken Jacobs – Another Occupation
HD-Video, 15min, 2010
東南アジアの植民地と思われる地域の河川を、列車上から撮影した古い記録フィルム。これをフッテージとして引用し、数フレームの反復による擬似立体視手法を用いて構築した作品。このように述べると、本作は『Celestial Subway Lines / Salvaging Noise 』(2005)に連なる、ジェイコブスの立体映画の連作の中に位置付けられる作品だと思われるかもしれない。しかし、本作の狙いはそのような「映画の再発明」だけに止まるものではない。この映画はタイトルの通り政治的なテーマを持っており、その表現も比喩的なものではなく、映画の中に挿入される字幕によって明示される直接的なものになっている。その字幕とは以下のような趣旨のものであった。

・「奴隷の最も劣悪な形態は兵士だ」
・「将校の地位は殺した人間の数で決まる」
・「危険な任務と退屈な待機に耐える、これは国家が与える最悪の人生だ」
・「キャンプは一般人を兵士に変える」

思えば、ジェイコブスの映画の中には、『Capitalism』シリーズや『Star Spangled to Death』(2004)のように政治的な傾向はあったが、それがここまで明確化されているというのは、やや意外だった。ただし、ここで言う政治とは特定の思想を他者に押し付けるようなものではなく、日常生活や芸術・文化のあり方に関わる、個人の生活レベルでの抵抗に属するものである。この点は誤解すべきではないだろう。カラー。サウンドは Rick Reed によるアンビエント。
(Vimeoには、オフィシャルなムービーがアップロードされているので、なるべく良い環境で参照のこと。http://vimeo.com/105918432

monkeyking
・ケン・ジェイコブス – モンキーキングを探して Ken Jacobs – Seeking the Monkey King
HD-Video, 39min, 2011
薄いアルミの表面の反射を接写し、これを素材としてフレームの反復による擬似立体視手法を展開した作品である。それと同時に、本作は『もうひとつの占領』と同じく政治的なテーマを持った作品でもある。ただし先述の通り、ジェイコブスの作品でいう政治的であることとは、私的な領域から発した、個人の生活レベルでの抵抗であることは言うまでもない。字幕の大まかな趣旨は以下の通り。

・アメリカの植民政策の歴史を批判
・「モンキーキングよ、我々はあなたの足元の泥だ」
・ケネディ暗殺、オバマの変化、「モンキーキングは高笑い」
・奴隷制の歴史、ウィキリークス、911、イラク戦争を批判、「モンキーキングだ!よし、このまま進もう」
・「街に奇妙な人々が溢れている。テニスを楽しめと言いたい。それができるのは富裕層だけだと気がついた。マルクスを読め」
・「アメリカは虚構だ」、「芸術作品は空箱だがうまく売買される」
・ジャン・ヴィゴの『操行ゼロ』、ガーシュウィン、デレン、ブラッケージなどの、芸術に関わる名前の列記
・「宇宙は我々のことなど知らない」、「芸術など関係ない」、「私は人間でありたい」

多くの場合、構造映画といえばコンセプチュアルな、芸術の純粋性を追求するモダニズム的なものとして、表面的に捉えられがちである。確かにそのように捉えるならば、本作のような個人の生活から発した政治意識の言語化などは、フォーマリスティックな芸術作品においては不純物でしかないだろう。しかし、構造映画が映画において、それに関わる文化的なイデオロギーや諸制度を解体しようとする、文化的な抵抗であったと捉えるならば事情は変わってくる(ピーター・ジダルによる「構造的=物質主義的映画」のマニフェストを参照のこと)。そのように考えるならば、ジェイコブスが映画に潜んでいるイデオロギーや諸制度に対して「映画の再発明」を試みることで抵抗しながら、政治的・社会的な抑圧として現れるイデオロギーに対して個人として抵抗の声を上げることは、作家の動機において一致していると言える。私が本作から受けた衝撃とは、そこに尽きる。カラー。サウンドは Jim Thirlwell(Foetus)が担当。商業的な映画音楽をわざと模倣したかのような、大げさな音楽となっている。
(Vimeoには、オフィシャルなムービーがアップロードされているので、なるべく良い環境で参照のこと。http://vimeo.com/106030243

Advertisements