泊と幌延のこれから

・「泊再稼働」が最大争点 道知事選世論調査 社会保障、景気・雇用続く(北海道新聞 2015/3/23)
「20~22日に行った北海道新聞社の全道世論調査で、道知事選の最大の争点を単数回答で尋ねたところ、「北海道電力泊原発(後志管内泊村)の再稼働の是非」が前回調査(2月28日、3月1日実施)よりも11ポイント増え、最多の27%となった。道知事選に向け、フリーキャスター佐藤のりゆき氏が再稼働反対の姿勢を鮮明にしていることを受け、争点として注目が高まったためとみられる。現職の高橋はるみ氏は「将来、原発に依存しない北海道」を目指すとしつつ、泊原発再稼働の是非について「予断を持ってイエスともノーとも言うべきではない」との立場をとっている。」

引用元: 「泊再稼働」が最大争点 道知事選世論調査 社会保障、景気・雇用続く | どうしんウェブ/電子版(2015統一地方選).

今後、再稼働が各地で進むであろう状況のなかで、今回の北海道知事選が、北海道における原発政策を左右することは言うまでもない。そして、その原発政策のなかには泊原発だけでなく、高レベル放射性廃棄物の地層処分研究が行われている幌延町の今後が含まれていると考えるべきだろう。将来的に三者協定がしっかりと守られるのかどうか。隣接する地域が地層処分の候補地にされないかどうか。
・幌延深地層研究センター
・幌延町における深地層の研究について(幌延町ウェブサイト)
・【三者協定】幌延町における深地層の研究に関する協定書(PDF 幌延町ウェブサイト内)

東京の友人たちと話すと、「幌延?地層処分?何それ?」というのがよくある返答なのだが(また、自分もかつてはそうだったのだが)、道北、特に宗谷管内の人たちは、東京の人々から自分たちがどのように認識されているのか、もう少し自覚したほうがいい。はっきりいって眼中にない。それは「遠くのどこか、知らない場所」である。そして、そんな「遠くのどこか、知らない場所」とは、厄介な放射性廃棄物を埋めるにはちょうどいい場所なのだ。

追記(4/12 20:38):
高橋はるみ知事四選とのこと。おめでとう、泊。おめでとう、幌延。これで北海道の原発政策は加速するよ。

Advertisements