イメージフォーラムフェスティバル2015・Sプロ, Tプロ:ポール・シャリッツ2, 3

ペーター・クーベルカ、トニー・コンラッドと並んで、フリッカー映画の代表的な作家として知られるポール・シャリッツの特集プログラム。シャリッツの映画は静止した複数のイメージを集合させる、ある種の時間的な彫刻と見なせるものであり、実験映画の文脈だけでなく、現代美術の文脈にもつなげやすい作品揃いである。ボワ+クラウスによる『アンフォルム』のなかでも、シャリッツについての言及が行われている(こちらのエントリーを参照)。これを機会に、日本国内でも、実験映画を現代美術の文脈に関連づけるという態度が広まって欲しいものだ。実験映画作家であるフランソワ・ミロンによるドキュメンタリー『ポール・シャリッツ』も併せて上映された。


・ポール・シャリッツ『T:O:U:C:H:I:N:G』(16mm, 12min, 1968)
Paul Sharits – T:O:U:C:H:I:N:G


シャリッツの代表的な作品である。激しいカラーフリッカーのなかに、自傷的な行為を行う男などの暴力的なイメージが挿入される。サウンドは“Destroy”という単語の反復。本作を代表的な例として、シャリッツの作品が「映画」という装置から引き出した意義とは、連続しないフレーム(別々の物として独立したイメージおよび色彩)の狭間において、それらが干渉し合った状態を観客に知覚させることだったといえるだろう。また、シャリッツは複数のスクリーンを使用した作品も手がけているが、そのような上映形態も、フレームの対立がスクリーンの対立に置き換えられているのだといえる(例えば『Lazor Blade』、『癲癇発作対比』、『Shutter Interface』など)。このようなシャリッツの仕事の意義は、クラウスの言説やパラシネマの思考を通して、いまこそ再考されるべきものだと思う。(上記の映像は『T:O:U:C:H:I:N:G』だけでなく、他の作品を含むRe-VoirのDVD「Mandala Films」のトレイラーです。)

・ポール・シャリッツ『S:TREAM:S:S:ECTION:S:ECTION:S:S:ECTIONED』(16mm, 42min, 1971)
Paul Sharits – S:TREAM:S:S:ECTION:S:ECTION:S:S:ECTIONED
Paul Sharits - STREAM
多重露光によって継ぎ目なく重ね合わされた水流の映像がしばらく映し出される。やがてスクリーン内にフィルムを削ることによって描かれた、縦方向のラインが入ってくる。このラインは時間の経過とともに本数が増えてゆくが、一本一本のラインは重なり合うことなく、そして途切れることなく映画の終了まで引き延ばされる(フィルム上に引かれたラインの長さは、時間的に考えて、長いもので1200フィート以上はある)。「水の流れ」と「ラインの流れ」は、ここでは比喩として並べられているに過ぎないが、作品のコンセプトとしては、「川の流れ」というイリュージョンへの注視を、漸次的にフィルム上の傷への注視に置き換えることが試みられていたのだと言える。最終的にスクリーンは、びっしりと並んだフィルム上のライン=傷によって満たされる。サウンドは女性の声による不明瞭な単語の反復と重層化。

・ポール・シャリッツ『分析的探求 II・フレームでないライン』(16mm, 30min, 1978)
Paul Sharits – Analytical Studies II: Un-Frame-Lines
透明なスヌケのフィルムを映写しながらフレーム調整やフォーカスを操作して、前後フレームの境界やスプロケットホールといった、映画の隠された機構を可視化させる。このスクリーンを再撮影して現像したプリントに、さらにライン(傷)を書き込んだうえで映写と再撮影を繰り返し、フィルムの物質性を徹底して顕在化させる。作品だけ見ると、これはいかにもフォーマリスティックな、よくある構造映画である。もしかすると、シャリッツの問題意識のなかには、元々このようなモダニズム的影響が存在していたのかもしれない(思えば彼の得意とするカラーフリッカーも、極めて整然と設計されたものである)。しかし、単純なモダニスト像に収まらない様々な余剰物、すなわち異質性が存在することも確かであり、この両義性——モダニズム的な整然さと、それを内破する自己破壊の兆候——こそがシャリッツの面白さであるだろう。そこに着目したのがボワ+クラウスの『アンフォルム』であったことは言うまでもない。サイレント。

・ポール・シャリッツ『N:O:T:H:I:N:G』(16mm, 36min, 1968)
Paul Sharits – N:O:T:H:I:N:G
綿密に配置された単一色のカラーフレームが、人間の目では知覚不能な速度で色を切り替えながら明滅する。それによって観客は、隣り合ったカラーフレームの狭間において、干渉し合う別の色彩を知覚する。それは物質としてのフィルム上には存在しない、映画的な経験そのものである。サウンドとしては、部分において明滅に合わせた断続的なノイズが付加される。また、随所に電球のイラストが挿入され、時間の経過(?)を表現する。中盤では、倒れる椅子のイメージ(連続写真)も明滅のなかに挿入される。

・ポール・シャリッツ『癲癇発作対比』(16mm, 30min, 1976)
Paul Sharits – Epileptic Seizure Comparison
Paul Sharits - Epileptic Seizure Comparison
本来は上下2スクリーンのインスタレーションとして提示される作品だが、今回は1スクリーン版を上映。癲癇症状の発作における脳波の採取のための医療用フィルムを引用し、この素材とカラーフリッカーと組み合わせる。構造としては、a:カラーフリッカー(+患者のうめき声)、b:引用されたフィルムを素材とするフリッカー(+脳波をトリガーとした電子音?)、c:そしてaとbの複合という、三つのパートからなる(aとbのサウンドも重ね合わされる)。観客の知覚への直接的作用(a)と、患者の状態の観察(b)と、その主客の複合(c)がここでは試みられており、この映画を観る者は、スクリーンを視るという経験の中で、知覚の変容という事件に主客両面から直面することになる。

Advertisements