+上映会予告「Lynn Loo + Guy Sherwin」

llgy

日時:2015年9月1日(火曜日)
会場:音楽実験室 新世界
チケット:¥2,300 (1ドリンク代込み)
18:30会場 19時開演
http://plusscreening.org/?p=730
http://www.facebook.com/events/1599859136969134/

上映作品
Lynn Loo:
・Washi #2. 2014, 10min
・Autumn Fog. 2012, 8min (short version)
・End Rolls. 2011, 12min
Guy Sherwin:
・Cycles #3. 1972/2003, 9min
・Bay Bridge from Embarcadero. 2002, 10min
・Railings. 1977, 10min
U.K. and Netherlands Experimental Film Program:TBA

イギリスより、実験映画作家であるリン・ルーとガイ・シャーウィンが来日し、六本木の新世界にて、複数の映写機を使用したエクスパンデッド・シネマ作品の上映を行います。それに加えて、二人が選んだイギリスとオランダの実験映画プログラムも併せて上映される予定です。また、渋谷のアツコバルーでも、シャーウィンが参加するグループ展「絶対の今」が開催されます。こちらも是非。
http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2015/0905.php

追記:「Lynn Loo + Guy Sherwin」上映のための解説文を、PDFでアップロードしました。
Lynn Loo + Guy Sherwin 解説(PDF)


作家解説
Guy Sherwin (ガイ・シャーウィン)
1948年、イギリス出身。実験映画作家。ロンドン芸術大学で絵画を学ぶ。1970年代よりロンドン・フィルムメーカーズ・コーポラティヴに関わり、フィルムの現像技術についての指導を行う。実験映画のなかでも、エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)と呼ばれる、通常のフィルム上映とは違った方法を用いることによって、映画上映のあり方を問い直したような作品を数多く手がけている。特にシャーウィンのエクスパンデッド・シネマは、複数の映写機を即興的に使用した作品が多く、パフォーマンス的な要素が強い。また、エクスパンデッド・シネマだけでなく、いわゆる「通常の上映」による映画も手がけているが、映写機のサウンドトラックの機構に着目した作品や、カメラと被写体の関係に着目した作品など、映画のあり方を問い直すという姿勢が一貫して存在している。ロンドン・フィルムメーカーズ・コーポラティヴの後継組織であるLUXからは、DVD作品集として『Optical Sound Films 1971-2007 』(2007)、『Messages』(2010)、『Short Film Series 1975 – 2014』(2014)がリリースされている。

Lynn Loo (リン・ルー)
シンガポール出身。実験映画作家/フィルムアーキビスト。シカゴ美術館附属美術大学で実験映画を学び、その後、イギリスのイースト・アングリア大学でフィルム・アーカイビングについて学ぶ。1997年より映画制作を開始し、2004年にロンドン・フィルムメーカーズ・コーポラティヴに関わった作家による1970年代のイギリス実験映画に触れて、複数の映写機を使用したエクスパンデッド・シネマの上映にも取り組むようになる。2005年以降は、シャーウィンと共同で、パフォーマンス的なエクスパンデッド・シネマを多数上映している。

ルーとシャーウィンの映画は、観客に対して「映画を成立させている条件とは何か」という問いを提起するものである。それは、映画がフィルムからデジタルへと置き換わりつつある移行期において、重要な示唆を私たちに与えるものとなるだろう。

Advertisements