Editions MEGO 20th Anniversary@Super Deluxe

mego20th
Editions MEGO 20th Anniversary
エディションズ・メゴ 20th アニバーサリー Super Deluxe 9月23日
・Fennesz+Jim O’Rourke
・Pita
・Klara Lewis
・ibitsu

Mego(Editions MEGO)のレーベル設立20周年となるイベントがスーパーデラックスにて開催された。このエントリーでは、そのイベントについて書きたいと思うが、その前に少し昔話をしたい。

1990年代末から2000年代にかけて、MegoやRaster-Noton、Mille Plateauxなど、この辺りのポピュラー音楽の範疇で現れた実験的な電子音楽は、国内では「電子音響」や「音響派エレクトロニカ」、あるいは「グリッチ」や「テクノイズ」などと様々な呼称で呼ばれた。この新しい動向をめぐる雑誌上での言説は、それまでのテクノについて語られてきたジャーナリスティックな言葉とは、異なるものとして展開された(特にDJ向けの音楽機材誌『Groove』での連載を元にした佐々木敦『テクノイズ・マテリアリズム』などは重要な役割を果たした)。曖昧な記憶を元にして大雑把にその言説をまとめてしまうと、そこで示されたものは、当時爆発的に普及し始めていたパソコンや安易なプログラミング環境によって、電子音楽の制作過程やライブ演奏が根本的に変化するのではないか――という見方であったと言えるだろう。

もちろんアカデミックな現代音楽の文脈にある電子音楽は、特定のコミュニティを形成し、歴史の延長線上に存在している。しかし、当時現れたポピュラー音楽としての「電子音響」(便宜上、ひとまずこの一語にまとめる)は、アカデミックな電子音楽とは違うものとして意義を付与された。そのことを理解するためには、前提として、アカデミックな電子音楽と同様の制作環境、例えばMax等のプログラミング環境が、安価なノートPCとともに普及したという事実を踏まえる必要がある。その普及によって何が引き起こされるかといえば、アカデミックな作曲ではあり得ないような非作曲家的あるいはハッキング的なアプローチによって、すなわちパンクやノイズと同じようなテクノロジーの即物的な誤用によって、音楽の形式や、リスナーの音楽聴取の枠組みまでもが解体されるという事態である。これが当時の「電子音響」に付与された意義だったといえる。

ただしこの様な言説は、テクノロジーの普及期における一定の有効期間を終えた後、雑誌上からは消えてゆく。そして、その後の「電子音響」として括られた音楽は、特別な批評性を持った音楽ではなく、昔からある他の実験的な音楽と同じくらいの可能性と限界を抱えた、普通の実験的な音楽となるか、もしくは耳障りの良いアンビエントミュージックの一種にまで後退する。

「普通の実験的な音楽」というのも変な言い方だと思うが、それはさておきMegoの活動史の背景には、日本国内に限って言えば、このような言説の変化が存在している。そんなMegoのイベントに、今回はピーター・レーバーグ(Pita)とクリスチャン・フェネス、それ加えてジム・オルークも出演するというので、久しぶりに彼らの音楽を見直す機会になるかもしれないと思いながら、私はスーパーデラックスに足を運んだ。Pitaとクリスチャン・フェネス+ジム・オルークの前には、クララ・ルイスとibitsuも演奏した。

Pita:
Megoの初来日時には、ノートPC一台でライブ演奏を行うことに、ある種のパンクな批評性が存在していたと言えなくもないが、今やそんなことに意味を見いだす人もいないだろう。ピーター・レーバーグこと、Pitaのライブ演奏での使用機材は、ノートPC+モジュラーシンセである。ここ5年くらいのユーロラックのモジュラーシンセの流行によって、ノートPCとモジュラーシンセを連動させたライブ演奏も見られるようになってきたが、Pitaもこのスタイルに則っており、ノートPC内のシーケンスもしくはプログラミングによって生成されたMIDI信号をCV/GATEに変換してモジュラーシンセに送って、ライブエレクトロニクス的にモジュラーシンセを操作しているのだと思われる。もしくは、Ableton Liveなどで事前に取り込んだサウンドを並走させているだけか。いずれにせよ、そのサウンドは、デヴィッド・チュードアのライブエレクトロニクスを想起させるアナーキーな電子音の集合体であった。破砕音のような電子音が周期的に反復し、蠢く電子音がそれを支える一曲目、重厚な持続音のレイヤーが重なり合う二曲目、チュードアの『Rainforest』を思わせる密集した電子音の奔流から、煌めくような持続音に転じる三曲目まで、いずれも密度の高い演奏を聴かせてくれた。40分程で演奏終了。

Fennesz+Jim O’Rourke:
フェネスの演奏はオルークとの共演。二人ともギターを抱えて椅子に腰掛け、机上のノートPCに向かうというスタイルである。まず二人は断片的なフレーズをギターで演奏してゆく。そして、それをある程度コンパクトエフェクターで処理してからノートPC内のDAWに送り、音響処理を掛けて最終的にPAに送っていたようだ。半ば抽象的な電子音となったギターのフレーズが、次々と現れては、残響の中に消えてゆく。終わってみて勝手に想像したのだが、この演奏のコンセプト自体はフェネスが立てたもので、オルークは演奏家的な立場で関わっているのではないかと思った。そういう意味では、この演奏は私の好みからすれば綺麗すぎるのだが、オルークが持ち込んだと思われる、調和を乱すような異質な電子音も一定の割合で存在していたので、結果的には大変興味深く聴くことができた。ノンストップで40分程の演奏であった。

Fenn O’berg:
最後に、Pitaとフェネス、オルークは、三人が並んで座り、15分程のFenn O’bergとしてのセッションを行った。こちらはオマケ的な感じで、取り立てて何かを言う程の結果にはなっていなかったように思う。「この噛み合わなさが面白いのだ」と言われれば、まあそういう気もするが、私としては各々の演奏の方が断然興味深かった。

この日のイベントは、音楽そのものと、音楽を批評的に価値付けようとする言説の関係を考え直す、良い機会になったと思う。新しく考案したタームを批評的に駆使して、ある時期ある音楽に意味を与えたこと――それは言説の側の役割を果たす仕事だったと思うし、無意味だとは思わない。しかし、音楽家は、その後も地道な模索の中で音楽を一生やり続けるしかない訳で、戦略的・批評的な言説の援護が、長い目で見た時に、その音楽家にとってどのような意味を持つのか、これを評定することはなかなか難しいだろう。これは言っても仕方のないことかもしれない。音楽を聴くことは自分にとって趣味に過ぎないが、せめて自分の取り組んでいるささやかな仕事の中でも、こういった意識は忘れないようにしたいと思う。

Advertisements