World Goes Pop @ Tate Modern

The World Goes Pop
Tate Modern
Sep 17, 2015 – Jan 24, 2016

World Goes Pop
Whaaam! Pop! Kapow! This is pop art, but not as you know it. Tate Modern is ready to tell a global story of pop art, breaking new ground along the way, and revealing a different side to the artistic and cultural phenomenon. From Latin America to Asia, and from Europe to the Middle East, this explosive exhibition connects the dots between art produced around the world during the 1960s and 1970s, showing how different cultures and countries responded to the movement. Politics, the body, domestic revolution, consumption, public protest, and folk – all will be explored and laid bare in eye-popping Technicolor and across many media, from canvas to car bonnets and pinball machines. The exhibition will reveal how pop was never just a celebration of western consumer culture, but was often a subversive international language of protest – a language that is more relevant today than ever.

wgp01
wgp02

テートにて、非アメリカ・ヨーロッパ圏のポップアートの動向を歴史化する展覧会、『World Goes Pop』が開催されている。日本からは、篠原有司男、田名網敬一、松本俊夫などの作品が取り上げられている。スタンダートなポップアートではない周縁的なポップアートの発生は、第二次世界大戦後の高度化した資本主義の浸透とパラレルに広がったと言え、その発生にはそれぞれの国に個別の条件が絡んでいるが、作品の表層においては共通している。その不気味なまでの共通性こそがポップカルチャーの怖い部分とも言える。

展覧会に合わせて、幾つかの関連イベントも組まれているのだが、日本の実験映画/エクスパンデッド・シネマ/ビデアートを取り上げた4つの上映プログラムが組まれている。いずれも興味深い内容である。戦後映像芸術アーカイブからも上映用プリントを数点貸し出す予定です。
Eyes Go Pop: Psychedelic Japan(宮井陸郎、出光真子)
In the Shadow of Pop(安土ガリバー、宮井陸郎、島村達雄)
Human Flicker: The Cinema of Jun’ichi Okuyama(奥山順一)
Mona Lisa Looking Back(粟津潔、松本俊夫、中谷芙二子)

Advertisements