2015

今年は趣向を変えて、レコードやDVDではなく、2015年に観たライブやコンサート、展覧会、上映会から、印象に残ったものを10+2点選んだ。順不同。


1:White Hospital
新代田Fever 4月18日

・日本のノイズ/インダストリアルの歴史において途絶えてしまった系譜を確認するうえで、欠かすことのできないリユニオン・ライブだった。

2:サントリー芸術財団 サマーフェスティバル2015「レクイエム~詩と声と命の果つるところ」
サントリーホール 8月23日

・B. A. ツィンマーマン『ある若き詩人のためのレクイエム』の日本初演。音楽史的な意味にとどまらず、このような作品を、現在の社会状況に重ね合わせて聴くことが主催側によって意図されていたとすれば凄い。

3:Jim O’Rourke「two sides to every story」
草月ホール 10月25日〜26日

・各プログラムを対比して、その関係性を読み解くべきコンサートだったことは言うまでもないが、特に2日目のプログラム「Jazz Trio and Big Band」が重要。

4:わが愛憎の画家たち―針生一郎と戦後美術
宮城県美術館 1月31日〜3月22日

・そろそろ針生一郎の仕事を、花田清輝の設定した文脈を出発点にしながら、過剰に「政治的に」読み直す仕事が必要。

5:石田尚志 渦まく光 Billowing Light
横浜美術館 3月28日~5月31日

・現在の日本において、現代美術と実験映画を繋ぐことができる唯一の作家による初回顧展。美術と映像を架橋するためには、続いて美術側が映像(映画)を語り、映画(映像)側が美術を語るという交換が必要。

6:イメージフォーラム・フェスティバル2015 横浜特別講座1「光によって延長してしまった遠近法」(ナビゲーター:石田尚志)
横浜美術館 5月30日

・反映画的な視点によって編まれた、歪な遠近法を生み出す装置である「映画」についての批評的プログラム。「映画とは何か」という設問は、観念としてのジャンルや身振りのレベルだけではなく、ここに接続する必要がある。

7:イメージフォーラムフェスティバル2015 ポール・シャリッツ2「タッチングとストリームス」、ポール・シャリッツ3「ナッシングと癲癇発作対比」
新宿パークタワーホール 4月28日〜5月6日

・ポール・シャリッツの大規模な国内回顧上映。ボワ+クラウスを参照するまでもなく、シャリッツは映像のメディウム論を再考する上で重要な作家である。

8:+上映会「Lynn Loo + Guy Sherwin」
音楽実験室新世界 9月1日

・イギリス実験映画を代表する作家であるガイ・シャーウィン夫妻による、ライブパフォーマンスとしての上映。ライブハウスという理想的なPA環境で彼らのエクスパンデッド・シネマを上映できたことは、今年最大の喜びだった。

9:Ken Jacobs「死に至る星条旗」オールナイト上映
シアターイメージフォーラム 10月30日

・ケン・ジェイコブスの7時間にも及ぶ超大作のオールナイト上映。映画と政治、映画と実験、映画と自由についての思考が集約された、根源的な意味でラジカルな映画だった。

10:Ken Jacobs「Nervous Magic Lantern」
スパイラルホール 11月3日

・ケン・ジェイコブス+恩田晃による、ライブパフォーマンスとしての上映。ただし、ここで上映されたものは映画ではなく、映画未満の「パラシネマ」である。ジェイコブスの作品も、映像のメディウム論を再考する上で迂回することはできまい。少なくともゴダールの3D映画と同じくらいには重要である。

次点1:Re: play 1972/2015―「映像表現 ’72」展、再演
東京国立近代美術館 10月6日〜12月13日

・評価できる点と、批判すべき点が混在した展覧会なので、次点に含めた。少なくとも重要な展覧会ではある。

次点2:第20回アートフィルム・フェスティバル「松本俊夫著作集成第一巻 1953-1965 刊行記念 “松本俊夫:新発見&再発見”」
愛知県美術館 12月4日

・私はこの上映を観に行っていないが、PJMIAとして上映素材を提供したこともあり、次点として含めた。既存の松本俊夫のフィルモグラフィーについての理解を書き変える、極めて珍しい作品によるプログラムになったと思う。

Advertisements