展覧会予告「MAMリサーチ004:ビデオひろば――1970年代の実験的映像グループ再考」

MAMリサーチ004:ビデオひろば――1970年代の実験的映像グループ再考
会期:2016年7月30日(土)-2017年1月9日(月・祝)
主催:森美術館
企画:近藤健一(森美術館キュレーター)
協力:中谷芙二子、阪本裕文(稚内北星学園大学准教授)
会場:森美術館
開館時間:10:00-22:00(火曜日のみ、17:00まで)
http://www.mori.art.museum/contents/mamproject/mamresearch/index.html

「ビデオひろば」は1972年に結成された日本の実験的映像グループです。中谷芙二子、山口勝弘、かわなかのぶひろ、小林はくどう、松本俊夫、萩原朔美、和田守弘ら、多数のアーティストやクリエーターが参加しました。当時最新のメディアであったビデオをコミュニケーションのツールとし、メンバーが協働して社会運動に介入したり、ビデオを介して一般市民の議論を促進するなどその活動は、既存のマスメディアに対するオルタナティヴなメディアの創造を目指した、ユニークなものでした。また、会報誌を発行し言説形成や活動報告を行い、ビデオカメラ等の機材を安価で貸し出すなど、実験的な試みも行いました。グループ解散後も、メンバーの多くは作家活動を継続し現代美術に大きな影響を与えました。
本展は、「ビデオひろば」の主要メンバーの映像作品に加え、写真、テキスト、書籍、資料等も多数展示し、その活動を今日の視点で再検証する試みです。


思えばここ数年で、写真美術館が恵比寿映像祭の枠内で「ビデオひろば」の作家たちや「ビデオアース東京(中島興)」を取り上げ、文化庁メディア芸術祭で飯村隆彦が功労賞を受け、東京国立近代美術館がリプレイ展で造形作家の映像作品(フィルムおよびビデオ)を取り上げ、国内のビデオアートをめぐる歴史的な掘り起こし作業も進んできた感がありますが、ようやくビデオアートの様々な要素を集約していたといえる代表的なグループ「ビデオひろば」の特集が、MAMリサーチの第4回として、森美術館で開催されます。
私は今回、資料提供その他で協力しました。ちょうど2006年に名古屋で開催した「初期ビデオアート再考」展から10年目ということもあり、今回の展示に関わって一区切りついたような気がしています。展覧会の会期も長いので、何かのついでによろしくお願いします。

「ビデオひろば」の簡単な解説は下記を参照のこと。
「ビデオひろば」Artwords(アートワード)

Advertisements